日本版「味覚の一週間」

著名シェフによる「味覚のアトリエ」(2011年度)

キッチンランド川崎

講師

講師吉岡英尋先生(なすび亭 オーナーシェフ)
むずかしいことは考えず、子どもたちに食に興味をもってほしいということ、また興味をもつきっかけになればいいなと思います。



「味覚の授業」

「食べものには4つの味があります。何があるかわかりますか?」
「甘い→チョコレート」「塩→ポテトチップス」
  「酸→お酢」「苦→コーヒー」
「食事は口だけでしているでしょうか?」
「口(味覚)、鼻(嗅覚)、目(視覚)、耳(聴覚)、手(触覚)でも味わっています」
「食事は口(味覚)だけでなく鼻(嗅覚)も関係していることを教えるため、それを感じやすいグミを選びました。鼻をつまみながら食べると味はどうかな?」
「味がしなくなる」
食材をひとつずつ体験する毎に子どもたちにどうだったか感想を求めて参加型の形式をとることで、子どもたちの理解も深まり、また楽しそうに取り組めていました。
「味覚の授業」


味見用食品

きんぴらごぼう
甘み、塩味といったように異なる味があり、また食感も噛みごたえがあることで選びました。


「調理実習」

デモンストレーション

デモンストレーション 「いんげんをゆでたら、すぐに水にさらすことで色がいっそう鮮やかになります」
「カラフルおすしということで色合いを鮮やかにするため、多くの色の食材を用い、また食材の配置を均等に並べることで華やかなできあがりになります」



講師のカラフルおすし

講師のカラフルおすし 塩鮭、ミニトマト、かんぴょうをプラスし、色合いを大切に盛り付けた「カラフルおすし」は見た目が鮮やかで、食べるのがもったいない仕上がりとなりました。



実習

まずは合わせ酢を作ってご飯にかけ、うちわであおぎながら冷ましていきます。
その間に上にのせる具材を作っていきます。
・いんげん→沸騰したお湯で2分間ゆで、水で冷まし色をだします。
・にんじん→花型に抜き、ホイルに包み3分以上蒸し焼きにします。
・ミニトマト→4等分にカットします。
実習


盛り付け

鮭を食べやすい大きさに切って、全体の色合いを見ながらバランスよく盛り付けます。
一人一人自分の分の盛り付けを行い、おいしそうな「カラフルおすし」の完成!


試食・感想

みんなで力を合わせてできた「カラフルおすし!」 みんなで「いただきます!」
「いんげんのスジをむくのが難しい」
「にんじんがかたくて、なかなかくり抜くのに力がいるなあ」
「おすしにミニトマトをのっけたのははじめてだったけど、おいしい!」

試食・感想


取材後記

取材後記 まず東京ガスのキッチンランドに行くことに緊張してしまい、取材や子どもたちの実習の様子の写真がまともに撮れるのか心配でしたが、吉岡先生をはじめスタッフの方たちの笑顔、また子どもたちの楽しそうに実習している姿を見ているうちにだんだんと緊張をほぐしていくことができました。子どもたちが先生の講義を楽しそうに聞いて発言している様子や、調理のときにお友達と一緒に楽しそうに、かつ一生懸命取り組んでいる姿を見て手伝ってあげたい、と思いました。また料理の仕方や食材の取り扱い方についていろいろ知っていたことに感心しました。今回の実習の目的である取材に関して自分の中では1日の全体の様子を想定していたつもりでしたが、もっと準備しておけばよかったと思う点がいくつかありました。今回の反省を活かし次の実習ではシミュレーションをして万全に準備して臨みたいと思います。吉岡先生のお話やスタッフの方たちのお仕事をされているところ、そして子どもたちの実習の様子なども見ることができ、とても貴重な体験ができたと思います。

取材担当;藤田 千尋