日本版「味覚の一週間」

著名シェフによる「味覚のアトリエ」(2011年度)

キッチンランド生田

講師

講師大矢るり子先生(東京都公立小学校家庭科研究会 顧問)
毎日しっかり噛んで味わって食べることを伝えたいです。
よく噛むことはすごく大事です。しっかり食べることで味覚が発達し、成長へとつながります。



「味覚の授業」

「食べものは4つの味と五感で味わいます。3つの調味料(砂糖・塩・酢)の味はどうかな?」
子どもたちは3つの調味料を味わったあと、テキストに記入しました。
  「砂糖は甘いね」「塩は海の味がするよ」「酢はすっぱい。でもちょっと甘い」
「そうなんです。今日の酢は米酢といって米の旨味があるから甘く感じます」
「味覚の授業」


味見用食品

味見用食品 ロッククッキー
「歯触り、中の素材、味を体験してほしかったので“ロッククッキー”を味見用食品に選びました」



「調理実習」

デモンストレーション

「卵は高い位置から割るとビックリするから低い位置から割りましょう。砂糖を入れると甘くなります。さらに少しの塩を入れるともっと甘く感じます」
味覚に関する豆知識もまじえて解説します。
デモンストレーション



講師のカラフルおすし

講師のカラフルおすし 油揚げにすしめしを詰めていんげんとにんじんで飾ったおすしと、桜でんぶのピンク色、いり卵の黄色、いんげんの緑色が美しい「カラフルおすし」が完成。



実習

ふわふわのいり卵を目指してみんな真剣な表情です。
ハートのカップにいり卵や桜でんぶ、すしめしなどを詰めて、型抜きします。
実習


盛り付け

各自で盛り付けて、オリジナルの「カラフルおすし」のできあがり。
顔、花畑、ピンク色のハートなど、食べるのがもったいなくなるくらい可愛いおすしができました。
盛り付け


試食・感想

いよいよ試食です。みんなでいっしょに「いただきます」
「お酢はただのお酢だと思っていたから砂糖や塩が入っていて驚いた」
「盛り付けが楽しかった」
「桜でんぶが魚でできているなんて、はじめて知った」

試食・感想


取材後記

取材後記 今回、味覚について子どもたちと学びました。調理を終えた子どもたちは本当においしそうに食べていました。今日の感想を聞いてみると、「作る楽しみもあるけど食べる楽しみもある」とある子が言いました。「食べる」ということは生きていく上で必要不可欠です。「“食”とは“良く生きる”ということ、生きるための根源、元気の源」と、大矢先生がおっしゃっていました。まさにその通りだと思います。料理を楽しみ、食べることを楽しむ。そして、今日学んだ「舌」や「五感」で味わって食べるとさらに食が楽しいものになると感じました。

取材担当:影山奈々恵