日本版「味覚の一週間」

著名シェフによる「味覚のアトリエ」(2011年度)

東京ガス料理教室 宇都宮

講師

講師音羽和紀先生(オトワレストランオーナーシェフ)
日本には四季があり五感に触れる機会が多いですが、最近の子どもたちは感じることができなくなってきています。そのため「味覚の授業」を通して、五感を使う大切さや料理を作る楽しさを伝えたいと思っています。



「味覚の授業」

子どもたちは4つの味の食材を味わい、テキストに感想を記入していました。
「甘い味は砂糖」「しょっぱい味は塩」「すっぱい味は米酢」「苦い味はビターチョコ」
「味覚の授業」


味見用食品

味見用食品 ギモーヴ(レモン・シークワーサー)、フルーツケーキ、カレンズのパン
「ギモーヴの食感を楽しみ、フルーツケーキは何の味がするのかを考えてもらい、カレンズのパンは菓子パンとの甘みの違いを理解してもらうために選びました」



「調理実習」

デモンストレーション

「6・7回洗うことで、お米に水分がいきわたるのでおいしいご飯を炊くことができます」
子どもたちとコミュニケーションをとりながら、わかりやすい言葉で解説します。
デモンストレーション



講師のカラフルおすし

講師のカラフルおすし 見た目もおいしく、色とりどりな「カラフルおすし」が完成しました。
いり卵、いんげん、にんじんのほかに、エビ、サツマイモ、スモークした鶏肉なども仲間に加わり、いろいろな味や食感などが味わえるおすしです。



実習

合わせ酢を作って味を確認したあと、すしめしを作ります。
ゆで上がったいんげんは、大きさがそろうように丁寧に切ります。
先生に教えてもらいながら、いり卵作り。きれいに作るため、みんな真剣な表情です。
にんじんは花型にくり抜き、グリルで蒸し焼きにします。
実習


盛り付け

子どもたちは、とても楽しそうに盛り付けていました。どれも個性的でおいしそうです。
盛り付け


試食・感想

試食・感想 いよいよ試食です。全員そろって「いただきます」
「いり卵を作るのが楽しかった」
「いんげんを切るのが楽しかった」
「手が痛かったけど、にんじんの型抜きが楽しかった」



取材後記

今回取材させていただき、音羽先生の伝えたかった、料理を通していろんな五感を体で感じてほしいという思いが子どもたちに伝わるお料理教室だったと思いました。味覚の授業を通して、私たちにも学ぶべきことがたくさんありよい経験をさせていただきました。

取材担当:入澤麻衣子

 
五感を大切にして料理をすることで、ちょっとした変化に気づきやすくなって、よりおいしい料理を作ることができるようになるんだと思いました。子どもたちの五感を使って楽しそうに料理をしている姿を見ることができて、よい経験になりました。
取材担当:大越江莉