日本版「味覚の一週間」

著名シェフによる「味覚のアトリエ」(2011年度)

キッチンランド江戸川

講師

講師中村奈津子先生(田中伶子クッキングスクール校長)
味覚(五感)というものは磨けば磨くほど、いつものお料理をおいしく感じることができます。今日は短い時間ですが、みなさんの味覚を磨いていきましょう。



「味覚の授業」

「味覚の授業」 「食べものには4つの味があります。どういった食べものがあるか考えてみましょう」
子どもたちはテキストに記入した後、4つの味の食材を味わいました。
  「甘い味は砂糖」「しょっぱい味は塩」「すっぱい味はお酢」「苦い味はビターチョコ」



味見用食品

味見用食品 抹茶のマカロン
「まずは上の部分だけで食べてみてください。少し苦いかな?
真ん中のチョコレートと一緒に食べると甘いのと苦いのが混ざって甘いだけよりもおいしく感じないかな?」

「本当だ!おいしい!」



「調理実習」

デモンストレーション

デモンストレーション 「自分でお鍋を使ってご飯を炊く機会って少ないかもしれないけれど、つやつやしたおいしいご飯が炊けるので、お家でも作ってみてくださいね」
ご飯の炊き方の説明からはじまりました。




講師のカラフルおすし

講師のカラフルおすし えびと酢れんこんをプラスし、いんげんを斜めに切ってあしらいました。
とても美しい、目で見てもおいしそうなちらし寿司風の「カラフルおすし」が完成しました。



実習

合わせ酢を作って味を確認した後、すしめしを作ります。
いんげんはお湯が沸騰するのを確認してから鍋に入れ、ゆで上がったら水にとって色よく仕上げます。
お箸をぐるぐる回していり卵作り。きれいに作るため、一生懸命です。
にんじんを花型にくり抜く作業は力が要るので大変そうです。
実習


盛り付け

盛り付け 各自ですべて盛り付けます。オリジナルのちらし寿司風「カラフルおすし」のできあがりです。



試食・感想

試食・感想 みんなきれいに盛り付けができました。全員そろって「いただきます」
「いろんな色できれい」
「お酢のすっぱい味と砂糖の甘い味が混ざっておいしい」
「盛り付けがむずかしかった」



取材後記

対象年齢が小学3〜6年生ということもあって、子どもたちの口から出てくる食べものが大人びていて驚いた。また。実習においても包丁をはじめてもったような子は見受けられず、みんな慣れた手さばきで切っていた。

取材担当:園城彩乃