日本版「味覚の一週間」

著名シェフによる「味覚のアトリエ」(2011年度)

キッチンランド調布

講師

講師桝谷 周一郎先生(オステリア・ルッカ オーナーシェフ)
料理だけではなく人に思いやりをもち、人に喜ばれることをするきっかけになればいいと思っています。家で料理をしてお父さんお母さんに食べて喜んでもらうきっかけになればいいと思います。
意外なものの組み合わせで、味は様々に変化しおもしろいということや「味覚の授業」で「食」へ関心を持ってもらえればいいなと思います。



「味覚の授業」

「代表的な味は4つあります。しょっぱい、すっぱい、苦い、甘いにそれぞれどんな食べものがあるか考えてみましょう。」
子どもたちは4つの味の食材を考えて意見を次々に出しました。
  「しょっぱい=醤油、塩」「すっぱい=レモン、梅干し、酢」「苦い=ゴーヤ、コーヒー、薬」「甘い=お菓子、砂糖」
「味覚の授業」


味見用食品

味見用食品 バニラアイスにバルサミコ酢を加えたもの
「今回、バニラアイスにバルサミコ酢を加えたものを選んだのは、大人でも驚く味の変化や意外性を知ってもらい、子どもたちの驚くところを見たかったということと、味の組み合わせにはたくさんあって発見があることを知ってもらいたかったからです」



「調理実習」

デモンストレーション

デモンストレーション 「米は研ぎすぎるとおいしくなくなります。研ぎ汁が多少白いほうがおいしく炊けます。」
子どもたちが興味を持てるように、楽しく説明します。




講師のカラフルおすし

講師のカラフルおすし アボカド、エビ、グレープフルーツで飾って、見た目もカラフルでいろいろな食感が楽しめる「カラフルおすし」が完成しました。



実習

合わせ酢を炊いたごはんに入れ、うちわであおぎながらすしめしを作ります。
いんげんはゆで上がったら水に入れ、色よく仕上げ食べやすい大きさに切ります。
いり卵作りは先生に教えてもらいながら、みんな真剣に作りました。
にんじんは花型にくり抜いたものをグリルで蒸し焼きにします。
実習


盛り付け

各自、自由に盛り付けをして、オリジナルできれいな「カラフルおすし」のできあがりです。
盛り付け


試食・感想

いよいよ試食です。先生も加わり、全員そろって「いただきます」
「料理するのが楽しかった」
「おいしくできた」
「きゅうりやトマトものっけてみたい」

試食・感想


取材後記

取材後記 子どもたちが楽しみながら班で協力して料理をしていたので、このような料理教室の大切さをあらためて感じました。最後に「家でも作ってみたい」という子もいたので、嬉しくなりました。

取材担当:下嶋 知恵