日本版「味覚の一週間」

著名シェフによる「味覚のアトリエ」(2011年度)

キッチンランド八王子

講師

講師北岡尚信先生(プティポワンオーナーシェフ)
丁寧に料理をすれば必然的に味はよいものになります。子どもたちにはそのプロセスをわかってもらいたい。
「食」に興味のある子どもたちの心を大切にしていきたいと思います。



「味覚の授業」

「食べものには4種類の味があります。みんなわかるかな?」
子どもたちは活発に手を挙げて発言します。
  「甘い」「苦い」「しょっぱい」「すっぱい」
「味覚の授業」


味見用食品

味見用食品 マカロン・クッキーサレ・ココロッシュ・クルトン
「私たちは、舌・鼻・目・耳・歯でいろんなことを感じることができるよね。今から一つずつ食べて感じた味をノートに書いてみよう!間違っても大丈夫だよ。何を感じるかな?」
子どもたちは、味見用食品のクルトン・クッキーサレ・マカロン・ココロッシュを食べて真剣に味わっていました。



「調理実習」

デモンストレーション

デモンストレーション 火の扱い方、食材の色、食材のにおいのことに触れながらわかりやすく解説します。子どもたちも真剣です。




講師のカラフルおすし

講師のカラフルおすし 牛そぼろ、いり卵、いんげんを3列にきれいにのせ、ダイヤに切ったにんじんをいり卵の上にトッピング。色のコントラストがきれいです。



実習

いんげんは色よくゆで、いり卵は焦がさないように、にんじんは甘酢に漬けて・・・。
先生に教わりながらみんな一生懸命に調理します。
「たのし〜い!!」
「おいしそう!」

と協力しながら頑張っていました。
実習


試食・感想

頑張って作った「カラフルおすし」を試食します。みんなおいしそうです。
「いんげんが上手に切れたよ」
「盛り付けがむずかしかった」
「お家でも作ってみる!」

試食・感想


取材後記

今回の取材で「五感を刺激する食育」というものはとても大切で、子どもたちが「食」に興味をもつことができる一番の近道だと感じました。お友だち同士で協力しあっている様子はとても微笑ましかったです。実際に自ら作って食べることによって五感が刺激され、考える力・表現力が身につくのだと思いました。

取材担当:細川美緒