日本版「味覚の一週間」

著名シェフによる「味覚のアトリエ」(2011年度)

キッチンランド多摩ニュータウン

講師

講師長谷川在佑先生(神保町 傳料理長)
すべての食べものは生きています。常に感謝して食事をいただくということを伝えたいと思います。



「味覚の授業」

「舌で感じる味にはどんな味があり、またどんな食べものがあるでしょう?」
「しょっぱいには 塩、ウインナー」「甘いにはケーキ」「苦いにはゴーヤ」
たくさんの食品が挙がりました。
子どもたちは1人1人先生に発表した後、4つの食材の味を体験しました。
「味覚の授業」


味見用食品

味見用食品 梅干しのはちみつ漬け
先生が梅干しをはちみつ漬けにして持ってきてくださいました。
「すっぱいにおいがする」
「すっぱいと思ってたけど甘い」



「調理実習」

デモンストレーション

「お米は、米粒を壊さないように手でこするように優しく洗いましょう」
デモンストレーション
子どもたちがわかりやすいように1つ1つの動作をゆっくり行います。




講師のカラフルおすし

講師のカラフルおすし 見た目も華やかで食欲をそそる「カラフルおすし」です。
しいたけの旨煮とあられ、鮭のほぐし身をプラスして、さまざまな食感が楽しい「カラフルおすし」ができました。



実習

合わせ酢を作りながら、味見をして、味の変化をみんなで確認します。
いんげんはゆで上がったら氷水につけて色をきれいに出し、細かく切っていきます。
しいたけも切り、次はむずかしいいり卵作り。先生に教えてもらいながらみんな、慎重に仕上げていきます。
実習


盛り付け

花型のにんじんの並べ方やのりのトッピングにも個性が表れます。
盛り付け


試食・感想

待ちに待った試食です。みんな一緒に「いただきます」
「全部おいしい」「しいたけが嫌いだったけど食べられた」「切るのが楽しかった」

試食・感想


取材後記

取材後記 料理教室のような場を取材するのははじめてだったため、あまり行動できなかった。
また、講師の先生にお話をあまりうかがえなかったので積極的に話すべきだったと感じた。
写真ももっとわかりやすく、いろいろな角度から撮影すればよかったと反省ばかりですが、貴重な体験で、子どもたちと一緒に楽しむことができてよかった。

取材担当:阿部明日香