日本版「味覚の一週間」

著名シェフによる「味覚のアトリエ」(2011年度)

キッチンランド旭

講師

講師片山琴美先生(大和クッキングスクール講師)
味とはなんだろうと考え、「おいしい」というのは視覚や聴覚などからも感じられることを実感し、味に対する表現を増やしてもらいたいと思っています。



「味覚の授業」

子どもたちは、4つの味の食材を味わいました。
味見した子どもたちからは、
「酢はすっぱい」「チョコは苦い中にも甘みがある」といった感想が聞かれました。
「味覚の授業」


味見用食品

味見用食品 かぼちゃプリン
「野菜を味わい、砂糖が加熱すると味が変化することを実感してほしいと思い、かぼちゃプリンを選びました」



「調理実習」

デモンストレーション

「ご飯と合わせ酢は一の字を描くようにして混ぜるのがポイント!」
子どもちにもわかりやすいように、反応を確認しながらゆっくり説明します。
デモンストレーション




講師のカラフルおすし

講師のカラフルおすし 見た目もかわいく、おいしそうな「カラフルおすし」が完成しました。
ツナとチーズをプラスしてちょっとボリュームアップ!しました。



実習

班に分かれて、それぞれの分担を決め作業開始です。
合わせ酢を作り、先生に教えてもらったポイントを意識しながらすしめしを作ります。
いんげんはゆで上がったら水に入れ、冷やします。
先生に教えてもらいながら、いり卵作り。一番むずかしい作業なので、みんな真剣な表情です。
にんじんは花型にくり抜いてから、グリルで蒸し焼きにします。
実習


盛り付け

ちらしずしのようにしたり、顔や動物を作ったり、オリジナルの「カラフルおすし」のできあがり。
盛り付け


試食・感想

待ちに待った試食です。
「卵を混ぜるのがむずかしかったけど楽しかった」
「トッピングをするのが楽しかった」
「おうちでまた作りたいと思った」

試食・感想


取材後記

取材後記 子どもたちと一緒に先生のお話を聞いていて、味とはいったい何なのか、など料理の奥深さを再確認しました。 料理を真剣に一生懸命作っている子どもたちはいきいきしているように見え、自分たちで作ったということもあり完成した料理をおいしそうに食べていました。こうした体験が「食」に興味を持つきっかけとなり、食育につながるのだと実感できました。

取材担当:丸山 舞