日本版「味覚の一週間」

著名シェフによる「味覚のアトリエ」(2011年度)

キッチンランド湘南

講師

講師北岡飛鳥先生(ル・カフェ プルス・アー オーナーシェフ)
「今回はおすしがテーマですが、せっかくなのでフランス料理ならではの変わった食材(ワインビネガー・パプリカ・チコリ)を使用しました。そのことによって新しいジャンルの味を発見し、いろいろ知ることで食べものに興味を持ってもらいたいと思っています。」



「味覚の授業」

「しょっぱい、すっぱい、苦い、甘いと感じる食材はほかに何があるかな?」
お皿にのっている、塩・酢・チョコレート・砂糖を味わってから、それぞれ知っている食材をテキストに記入しました。
「しょっぱい味はアサリ」「すっぱい味は梅干し」「苦い味はピーマン」「甘い味はマカロン」
「味覚の授業」


味見用食品

味見用食品 チーズクッキー
「今回は塩も砂糖も使わず、4つの味覚をすべて感じられる素材のみ(チーズ・バター・小麦粉・卵)で作りました。人それぞれ、強く感じる味覚が違うと思いますが、すべて正解といえるクッキーです」



「調理実習」

デモンストレーション

「今回は日本の穀物酢ではなく、フランス料理に使うワインビネガーを代わりに使ってみましょう」
火にかけた合わせ酢のすっぱいにおいに子どもたちはびっくりしていました。
デモンストレーション




講師のカラフルおすし

講師のカラフルおすし フランス料理は飾り付けの多い料理です。
今日はチコリを飾りにしました。ごはんにはパプリカとコーンを入れました。



実習

まずは、にんじんを花型で抜いてグリルで蒸し焼きにしていきます。
いんげんは火傷しないように、沸騰したお湯にそっと入れてゆでます。
先生に教えてもらいながら、いり卵を作ります。
皆で協力しながらすしめしを作り、具材を混ぜこんでいきます。
実習


盛り付け

チコリの飾り方が個性たっぷりな、カラフルおすしができました。
盛り付け


試食・感想

みんなそろったら、いよいよ試食です。「いただきます」
「こんなに野菜が入っているおすしははじめて」「チコリ苦いけどおすしおいしい」
「お酢はにおいをかいだときはすごくすっぱかったけど、ご飯に混ぜたらおいしかった」
「チーズクッキーは食べたことのない味だったけど、すごくおいしかった」

試食・感想


取材後記

取材後記 今回、「味覚の一週間」の取材の中で、五感を感じながら食に関わることで、完成した食事だけではなく、それらを作る一つ一つの食材の特徴、調理法など様々な発見をしている子どもたちの様子を見ました。子どもへの食育の大切さも実感しましたが、先生のお話に「親世代に伝える食育も大切です」という言葉がありました。このような体験を子どもたちがすることにより、子どもから親へと伝わる食育もあることを知りました。

取材担当:加藤彩