日本版「味覚の一週間」

著名シェフによる「味覚のアトリエ」(2011年度)

多摩ショールーム料理教室

講師

講師舘野雄二朗先生(みちば和食たて野店主)
「今回の教室では五感を使って味を考えながら食べる楽しさや自分で料理を作るという楽しさを知ってもらいたいと思っています。
また、料理を通じて感謝の気持ちを持つことも学んでもらいたいと思います」



「味覚の授業」

「食べものには4つの味があります。4つの味の食材を味見してみましょう」
子どもたちはテキストにどんな味がしたか記入しました。
そのあと鼻をつまんでグミを食べました。「味がしない」「かたい」
鼻をはなしてもう一度味わいました。「味がする」「あまい」
「味覚の授業」


味見用食品

味見用食品 かつおだし
「五感を使って考えてほしいと、あえて複雑な味がする“かつおだし”を選びました。また、和食の最も基本の本当の味を知ってもらいたいと思いました」



「調理実習」

デモンストレーション

「巻きすを使うのはむずかしいけれど、上手にできるポイントを教えるのでみんな絶対できるようになります。」
「お米は作るのに1年もかかるから大切に扱いましょう」

子どもたちがちゃんとできるように細かいポイントを1つ1つ丁寧に説明します。
デモンストレーション




講師のカラフルおすし

講師のカラフルおすし ごはんをサラダ菜で巻いた、目でも楽しめるサラダ風のかわいいおすしができました。



実習

合わせ酢、パプリカ、しいたけを入れてすしめしを作ります。
いんげんはお湯が沸いたら入れて、ちょうどよい硬さにゆでます。
にんじんは梅の花のかたちにくり抜きます。
いり卵はよく混ぜて作ります。
すしめしを巻きすで「おいしくなーれ」と一生懸命巻きます。
実習


盛り付け

最後にドレッシングをかけて、すてきなおすしが完成。
盛り付け


試食・感想

いよいよ試食です。全員そろって「いただきます」
「おすしの巻き方がわかった」
「おいしい」

全員残すことなく食べることができました。
試食・感想


取材後記

今回の「味覚のアトリエ」で4つの食材を食べ比べたときの子どもたちの表情がとても印象的でした。ひとつひとつ違う表情をし、顔全体で味を表現しているかのようでした。 これを機に子どもたちが食に関して、もっと興味を持ってくれたらよいと思います。

取材担当:佐藤明音