日本版「味覚の一週間」

著名シェフによる「味覚のアトリエ」(2011年度)

横浜ショールーム料理教室

講師

講師飯塚隆太先生(RESTAURANT Rruzu総料理長)
子どもたちには安全で化学調味料を使っていない自然のものを食べて、健全な体、心を作ってほしいと思います。好き嫌いをなくして、食べものの大切さ、食べものに関わるすべての方(農家の人など)、食べさせてくれる親、生き物の命、家族と食を共有できることなどに感謝の気持ちを持って立派な大人になってもらいたいです。



「味覚の授業」

「4つの味を感じる食べものに、どんなものがあるかな?」
子どもたちはテキストに記入した後、4つの食材を味わいました。
しょっぱい「塩」「醤油」酸っぱい「梅干し」「レモン」「酢」
甘い「チョコレート」「砂糖」苦い「ゴーヤ」「ピーマン」「セロリ」
「味覚の授業」


味見用食品

レモン風味のシューアラクレーム
「シュークリームは甘いけれども、その中に塩が入ると対比効果により、甘味をより強く感じます。また、焼いたときに表面の生地に焦げ目がつくことでそれが苦みになり、レモンのクリームで酸っぱさも味わえるので選びました」


「調理実習」

デモンストレーション

デモンストレーション 「コレ、何かわかるかな??」など、子どもたちと会話をし、食材に興味を持たせながら進めていきます。
盛り付けのときには、フランス料理のシェフということでフランス料理風に盛り付けると子どもたちから「すごーい」「普通のお寿司と全然違う」「やってみたい」など声があがり、とても興味津々な様子でした。それに対しシェフは見た目の大切さ、また逆に見た目だけでの食べず嫌い、固定観念にとらわれてもだめだよ、ということをおっしゃり「みんなで可愛くきれいに個性的に盛り付けてみよう」と子どもたちに開始の言葉をかけました。




講師のカラフルおすし

講師のカラフルおすし すしめしを円状にし、いりたまごとでんぶを半々に盛り付け、いりたまごの上には真っ白なれんこんのワインビネガーマリネを並べ、にんじんといんげんでトッピング。目で見てもおいしい「カラフルおすし」が完成しました。


実習

合わせ酢を作って味を確認した後、すしめしを作ります。
ゆでたいんげんをみんなで切ります。
先生に教えてもらいながら、いり卵作り。きれいに作るため、みんな真剣な表情です。
にんじんは花型にくり抜いてホイルに包んでグリルで蒸し焼きにします。
講師のカラフルおすし


盛り付け

れんこんを耳に見立てた動物の顔、シェフを真似てフランス料理風に盛り付けたものなど、オリジナルの「カラフルおすし」のできあがり。
盛り付け


試食・感想

試食・感想いよいよ試食です。全員そろって「いただきます」 「鼻をつまんで食べると味がしなかったのがおもしろかった」「五感が楽しく学べた」「料理をして楽しかったので、家でももう少しやってみたいと思います」「シェフに教えてもらったことに興味を持ち、これからも食べものについて知っていきたいです」「今度シェフのお店に行きたいです。楽しかったです」「食べものは口から食べているのに知らないうちに鼻を使っていることを知って不思議だと思いました」


取材後記

今回取材させていただいて、私も聞いていて驚くことがいくつもありました。間近で子どもたちの表情を見ていると、食に興味を持ちはじめる様子が感じられたり、子どもたちだけで料理をすることに達成感をおぼえていたり、子どもたちにとって楽しく、成長できるとてもよい教室だと思いました。本日は本当にありがとうございました。

取材担当:田中愛海