日本版「味覚の一週間」

著名シェフによる「味覚のアトリエ」(2011年度)

東京ガス料理教室 高崎

講師

講師石川範子先生(フードオリジネーター)
料理は五感と味覚の組み合わせで作られます。お母さんが作ってくれている料理がどのようにおいしくなるのかを「味覚の授業」を通じて知ってもらい、自分の料理に生かしてほしいと思っています。



「味覚の授業」

「味覚の授業」 「食べものには4つの味があります。甘い・苦い・すっぱい・しょっぱいです。なにがあるか考えてみましょう」
子どもたちはそれぞれ思うようにテキストに記入し、4つの味の食材を味わいました。
「甘いにはケーキ」「しょっぱいには醤油」「すっぱいにはグレープフルーツ」「苦いにはコーヒー」


味見用食品

味見用食品 昆布だし・えのきだけ入り
「今回は昆布でとったおだしでえのき汁を作ってきました。それだけではちょっとおいしくないかもしれないね。でもお塩を入れるとおいしくなるよ。少しずつ入れて自分の好きな味にしてみよう」



「調理実習」

デモンストレーション

「今回はカラフルおすしを作ります。すしめしを作るときの簡単な方法を教えるね」
すしめしの作り方からスタートしました。
いんげんのゆで方については、ゆで過ぎたものとちょうどいいものを実際に用意し、食べてもらって理解を促します。
デモンストレーション




講師のカラフルおすし

講師のカラフルおすし すしめしを皿に盛り、いりたまご、にんじん、いんげん、塩鮭を彩りよく飾り、ごまをふってできあがり。



実習

それぞれ担当に別れて調理開始です。
いんげんはゆで上がったら水に入れて、色よく仕上げます。
卵を溶くときは、ギザギザに菜箸を動かすとすぐに白身が切れます。
にんじんはグリルで蒸し焼きにしました。
おいしくきれいに作るため、みんな真剣です。
実習


盛り付け

盛り付け 各自で自由に盛り付けて、オリジナルの「カラフルおすし」のできあがり。焼きのりに巻いて食べても、食べるときにちぎって散らしても。食べ方も自由自在です。


試食・感想

試食の時間がやってきました。完成した班から「いただきます!」
「ごまをかけたほうが好き」
「すしめしは好きじゃないけど、のりにまくと食べられた」
「おいしくできた!」

試食・感想


取材後記

今回取材をさせていただくと、子どもたちははじめ緊張していましたが、だんだんと先生とも打ち解けてきて積極的になっていきました。また、4つの食材を味わったり、えのきのだし汁を表現するときはとても豊かな言葉で表していて驚きました。いざ調理の時間になると、もめることもなく分担をして各自でスムーズに調理していました。今回先生が伝えたかった五感と味覚の関係やお塩を足すことでおいしさが増すことは子どもたちに伝わったと思います。私も子どもたちと一緒に参加した気分でずっと勉強させていただきました。

取材担当:笠原佑里