日本版「味覚の一週間」

著名シェフによる「味覚のアトリエ」(2011年度)

東京ガス料理教室 熊谷

講師

講師毛塚智之先生(パレスホテル大宮シェフ)
今回の「味覚の授業」を通じ、食に興味を持ってもらいたいと思っています。また、食べることは、楽しいということを伝えたいと思っています。



「味覚の授業」

「食べものには4つの味がありますが、それぞれどんな食べものがあるか考えてみましょう」
「甘い味はグミ」「しょっぱい味は塩」「すっぱい味は梅干し」「苦い味はコーヒー」
子どもたちはテキストに記入後、4つの食材を味わいました。
「味覚の授業」


味見用食品

味見用食品 キッシュ、マシュマロ、フランスパン
「形、食感、すべて異なるものを味見することで、子どもたちに五感について学んでほしいと思ったので“キッシュ、マシュマロ、フランスパン”を味見用食品に選びました」



「調理実習」

デモンストレーション

「いんげんは、斜めに切りましょう。斜めに切ることで、断面が見え、見た目がきれいになります」
子どもたちの五感に訴えかけるよう、わかりやすく解説します。
実際に調味料を子どもたちに手渡し、嗅覚などでどう感じるかを問いかけます。
デモンストレーション




講師のカラフルおすし

講師のカラフルおすし しいたけ、かんぴょう、いりごまが入った和風のおすしが完成しました。斜めに切ったいんげんがアクセントになっています。



実習

合わせ酢を作って味を確認後、ご飯と合わせてすしめしを作ります。
いんげんはよく洗い、2〜3分ゆでます。ゆで上がり後は、水に入れることで色よく仕上がります。
にんじんは、花型にくり抜き、グリルで蒸し焼きにします。
いり卵作りは先生と一緒に。みんな真剣な表情、一生懸命作業を行います。
実習


盛り付け

各自、好きなお皿を選び、盛り付けです。お皿が違うだけでも、見た目の印象が変わります。
盛り付け


試食・感想

全員そろって「いただきます」
「食べものは、舌だけでなく、鼻でも味わっているとわかった」
「料理は耳でも味わえると知って驚いた」
「五感の大切さがわかった」

試食・感想


取材後記

今回、「味覚のアトリエ」の取材をさせていただき、やはり五感とは、食べる、作るということには欠かせないものだと、あらためて実感しました。味がおいしいことはもちろん、視覚、嗅覚、聴覚、触覚、すべてがそろって、はじめて「おいしい」が完成するのだということがわかり、勉強になりました。

取材担当:早川愛子