日本版「味覚の一週間」

著名シェフによる「味覚のアトリエ」

ガスの科学館

講師

講師野永喜三夫先生(日本橋 ゆかり三代目)
「味覚の授業を通して、毎日の食のありがたみ、感謝の気持ちを子どもたちに伝えたいと思いました。また、今日の授業でうま味の大切さと本物のだしを知ってもらいました。子どもたちは思った以上に好奇心旺盛で積極的な子が多く、今日が将来のきっかけになればうれしいです」



味覚の授業

味覚の授業「味について考えてみよう」「それぞれの味には、どんな食べものがあるかな?」
野永先生のいろいろな問いかけに、子どもたちは、「塩味は塩。酸味はレモン。苦味はゴーヤ。甘味は砂糖」と答えていました。
「4つの味のほかにうま味があります。みんながおいしいと感じるのは、うま味があるからです」



味見用食品

味見用食品だしの入っているみそ汁と入っていないみそ汁
「見た目とにおいは変わらないけれど、味が違う」
「だしの入っているほうがおいしい!」



調理デモンストレーション

調理デモンストレーション「すし飯にかつお節、ベーコン、チーズを入れます」
おいしいものの相乗効果というかけ算でおいしくなります」

子どもたちは、チーズと聞いて驚いていました。



講師のカラフルおすし弁当

講師のカラフルおすし弁当「お弁当を詰めるときはイメージが大切です」
先生がイメージした絵の通りに完成しました。
サラダ菜の上に、鶏のから揚げと竹串に刺したきゅうりとミニトマトをのせ、横にカラフルおすしを詰めました。
すし飯には、フライパンで炒ったかつお節とグリルで焼いて細かくきざんだベーコンと粉チーズが入っています。



調理実習

みんな真剣な表情で取り組んでいました。
いり卵や細かく切る作業など難しいところは、先生に手伝ってもらいました。
調理実習



子どもたちの盛り付け

子どもたちの盛り付けにんじんの型抜きをした穴の部分にいり卵を詰めるなど、工夫していました。
お花を作ってみたり、お皿にいり卵を散りばめてみたり、同じカラフルおすしでも個性が表れていました。



試食・感想

試食・感想先生から「いただきます」の意味と、正しいお箸の持ち方も教わりました。
「おいしかった」
「鼻をつまんでグミを食べたら味がしなくて驚いた」



取材後記

野永先生のお話や、子どもたちからたくさんのことを学びました。子どもたちの積極性と協調性に驚きました。また、カラフルおすしが完成したときの子どもたちの笑顔が特に印象に残っています。先生の講義や、スタッフの方がお仕事をされているところなどを見学でき、とても良い経験になりました。

取材担当:堀越晴佳