日本版「味覚の一週間」

著名シェフによる「味覚のアトリエ」

キッチンランド浦和

講師

講師舘野真知子先生(a cooking class 主宰)
「子どもたちに会えるのを楽しみにしていました。とても興味を持ってくれたのでうれしかったです。女の子よりも男の子のほうが積極的なことに驚きました。
味見用食品には塩麹を使った料理を選びました。麹は日本の伝統的な味なので、この機会にぜひ、味わってほしいと思いました」



味覚の授業

味覚の授業塩・砂糖・酢・ビターチョコレート・かつお節のだしを用いて、基本の五味を体験しました。
1つの味だけではなく2つの味が合わさると複雑な味に変化すること、辛みは味ではなく刺激であるため、味覚には含まれないことを学んでいました。
先生は、様々な味がからまっておいしくなるのだとおっしゃっていました。
 
フルーツグミの体験では、鼻をつまんだまま10回ほど噛んでから鼻から指をはなし、味・においの変化を確かめました。



味見用食品

味見用食品パプリカの塩麹和え
「パプリカの塩麹和えを選んだのは、麹についてもっと知ってほしかったのと、野菜を食べてほしかったからです」
におい・歯ごたえ・味を1つ1つ感じながら試食しました。
におい:変なにおい
歯ごたえ:シャキシャキしている
味:甘い・しょっぱい・苦いが混ざっている



調理デモンストレーション

調理デモンストレーションすし飯の合わせ酢は、酢の中に塩を入れた後、味見をしてから砂糖を入れ、味が変わることを説明しながら作られました。
ご飯をほぐし、合わせ酢を入れたらうちわであおいでもらいながら混ぜ、塩鮭を加えて混ぜ合わせました。
トッピングのゆでいんげん、にんじん、いり卵もデモンストレーションを行いました。



講師の盛り付け

講師の盛り付け手まりずし風のカラフルおすしとパプリカの塩麹和えを詰めてお弁当にしました。



調理実習

子どもたちは協力して実習を行っていました。



子どもたちの盛り付け

子ども盛り付け海苔で葉っぱや茎を作って手まりずしをお花のように並べたものや、海苔といんげんで顔を作ったものがありました。



試食・感想

試食・感想「自分だけで作れるお弁当の献立を教えてもらえたので、次はひとりで作ってみたい」
「おすしが大好きだし、作るのも楽しかった」



取材後記

舘野先生の話を聞いている子どもたちはとてもイキイキしていて真剣で、積極的に参加していました。女の子よりも男の子のほうが発言することが多く賑やかでした。
食べるときは、においが大きく関係していること、害から身を守るときに苦味を感じることなどを知り、自分にとっても勉強になりました。

取材担当:武田侑子