日本版「味覚の一週間」

著名シェフによる「味覚のアトリエ」

キッチンランド湘南

講師

講師今平茂先生(横濱元町 霧笛楼 総料理長)
「楽しく、そして真剣に子どもたちが料理していて、大切なことが伝わったと思います」
 
福士誠先生(ウインドジャマー 総料理長)
「みんなが喜んでくれてよかった。楽しい1日が過ごせました」



味覚の授業

味覚の授業「食べものには、5つの味があります。それぞれどんな味がするかな? 食べてみよう」
「甘いのは砂糖」「しょっぱいから塩」「酸っぱいからお酢」「チョコレートは苦い」
そして最後に用意されていたのはフランス料理ならではのコンソメスープでした。
「おいしい味がする」
5つの味を味わいながらテキストに書き込みました。



味見用食品

味見用食品カラメルクッキー
「食べる前に、においをかいでみたり、どんな味がするか考えてから食べてみましょう」
「甘いような苦いような味がする。おいしい」
「それがカラメルです。苦いものと甘いものを入れるとおいしくなります」



調理デモンストレーション

調理デモンストレーション「食材には旬のものがあります。季節の食べものを食べることはとても大切です」
「いり卵は3本のお箸を使って混ぜましょう」
「いんげんは斜めに切りましょう。斜めに切るとやわらかくゆでられます」

デモンストレーションは2人の先生によって行われました。



講師の盛り付け

講師の盛り付けコンソメスープで炊いたすし飯の上に色とりどりの野菜やいり卵、照り焼き味の鶏そぼろがのっています。
マッシュルーム、しいたけ、のりをトッピングに加え、最後にお米のもとである「稲穂」の揚げたものを飾り付けて、カラフルおすしのでき上がりです。



調理実習

卵は3本のお箸を使っていり卵にしました。
いんげんも先生に教わった通り、斜めに切りました。
トッピングの準備ができたところで型にごはんを詰め、飾り付けをしました。
調理実習



子どもたちの盛り付け

子ども盛り付けいろんな具材を各自で盛り付けて、個性的で楽しい「カラフルおすし」がたくさんでき上がりました。



試食・感想

試食・感想先生の声がけでみんな一緒に「いただきます」
「全部がおいしい」「自分たちで作るとおいしい」

とてもおいしかったようで、おかわりの列までできていました。
「盛り付けるのが楽しかった」
「型を外すのが難しかったけど、きれいに盛り付けられてよかった」
「食べるのが楽しかった」



取材後記

今回の授業で、子どもたちが楽しそうにしているのが印象的でした。
福士先生、今平先生のお2人も常に笑顔で素敵な授業でした。
貴重な体験をさせてもらい、とても勉強になりました。ありがとうございました。

取材担当:渡邊早貴