日本版「味覚の一週間」

著名シェフによる「味覚のアトリエ」

新宿ショールーム

講師

講師ドミニク コルビ先生
(ル・シズィエム・サンス・ドゥ・オエノン オーナーシェフ)

「味覚の授業」では、甘味に砂糖・塩味に塩ではわかりやすいと思い、あえて複雑にし、自然の甘味や苦味を与えることで、子どもたち自身に考えさせようとしました。 子どもたちが味覚・味らい・おいしいものについて自分自身でわかってくれたらいいと思います。



味覚の授業

子どもたちに、何かは伏せた状態で5つの味の食品を試食してもらいました。
「この黄色の食べものは何だかわかったかな?」
「甘い」「かぼちゃ?」「さつまいも!」
酢(酸味)、菜の花(苦味)、安納芋(甘味)、蛤のだし(塩味)、鰹と昆布のだし(うま味)を味わいました。
「味らいが一番よく働くのはうま味です」
「添加物が入っているものは体によくないから、自然なものを食べましょう」

コルビ先生がいろいろな質問をし、子どもたち自身に味覚について考えさせていました。
味覚の授業



味見用食品

味見用食品かぼちゃのスープ
調理実習で作り、味見用食品としました。



調理デモンストレーション

「本日は、『冷蔵庫の残り物』というテーマでおいしいものを作ります」
冷蔵庫に入っていそうな食材計12品(玉ねぎ・かぼちゃ・にんじん・ごぼう・ベーコン・きのこ・わかめ・芋・トマト・サーモン・ほうれん草・牛乳)を使い、リゾットを作りました。「順番に入れて炒めるのが大切」「五味すべてを感じることができます」
調理デモンストレーション



講師の盛り付け

かぼちゃのスープと、「冷蔵庫の残り物」というテーマで作ったリゾット、お弁当ができ上がりました。
講師の盛り付け



調理実習

実習したのはかぼちゃのスープでした。
コルビ先生に教わった通りに材料を切って炒めていきます。
「ちゃんと玉ねぎを炒めてからかぼちゃを入れてね」
「かぼちゃ入れていいですか?」「玉ねぎが甘いにおいになってきた」「いっぱい混ぜればいいの?」と、次の作業やわからないことを積極的に質問しながら、調理に取り組んでいました。
調理実習



子どもたちの盛り付け

お皿にかぼちゃスープを盛りつけました。



試食・感想

かぼちゃスープができた班から席に着き、飲み物を用意して試食しました。その後、コルビ先生が作ったリゾットを試食しました。
「全部楽しかった」
「冷蔵庫の残った材料でご飯を作ったりしたのがすごかった」
「みんなで料理をしたり、感想を言い合ったりできて楽しかった」

試食



取材後記

味らいの働きについて、人工的な食品の悪さ、自然から作った食品を食べることの大切さなど丁寧に解説してくださり、とても勉強になりました。ふだんの家庭にある食材でここまで素敵な料理を作ることができるのは、素晴らしいと思いました。

取材担当:中山珠希