日本版「味覚の一週間」

著名シェフによる「味覚のアトリエ」

多摩ショールーム

講師

講師菊地美升先生(ル・ブルギニオン オーナーシェフ)
「最初は子どもたちの反応があまりなくて焦りましたが、だんだんと積極的に発言するようになってきて安心しました。子どもは素直なので発言にびっくりすることも多かったです。子どもの食育はとても大事なことなので、間違ったことを言わないよう気をつけました」



味覚の授業

味覚の授業「4つの味の食品には、たとえばどんなものがありますか?」
「しょっぱい味はしょうゆ!」「すっぱい味は梅干し!」「苦い味はゴーヤ!」「甘い味はあめ!」
このあと実際にうま味も合わせた5つの味の食品が配られ、味見をしました。



味覚の授業フルーツグミの体験では、先生のかけ声に合わせてグミを食べ、鼻をつまんだときと手をはなしたときの違いを発見しました。
「グミは鼻をつまんで3回噛んでから、つまんでいる手をはなしてください」
「わぁ〜!!」
口の中に広がるにおいと甘さに驚いていました。



味見用食品

味見用食品豚肉のリエットとフランスパン



調理デモンストレーション

調理デモンストレーションお米のとぎ方から盛り付けまで、先生がデモンストレーションをしてくださり、子どもたちも作り方をしっかり見て学んでいました。



講師の盛り付け

講師の盛り付けすし飯を四角形に成形し、いり卵、いんげん、星形のにんじん、えび、れんこん、しめじをトッピング。全部の具材が見えるように、色のバランスもよくきれいに盛り付けられています。
残ったすし飯と具材はケースに詰めたり、ラップに包んで手まりずしのようにしました。



調理実習

調理実習子どもたちは楽しそうに調理をしていました。
「にんじんかたーい」
にんじんの型抜きに苦戦する子どももいました。



子どもたちの盛り付け

子ども盛り付けみんな思い思いの形に具材を切って、思うままに盛り付けていました。すし飯の間に具をはさんだりお皿の空いているスペースにも飾ったりと、それぞれ個性が出ています。



試食・感想

試食・感想自分が作ったカラフルおすしを、みんなおいしそうに食べていました。
残さず食べていて先生もとても喜んでいました。
「何が楽しかった?」と聞くと、「自分が思ったことを料理(盛り付け)で表現できるのが楽しかった!」と、素晴らしい感想を聞くことができました。



取材後記

このような子どもの食育を間近で見ることができてとても勉強になりました。先生のデモンストレーションでは子どもたち以上に見入ってしまった気がします。先生が持参してくださった豚肉のリエットの作り方を聞きに行く子どもたちが何人かいて、食に対しての積極性に感心しました。

取材担当:菅原麻里