日本版「味覚の一週間」

著名シェフによる「味覚のアトリエ」

キッチンランド旭

講師

講師庄司一智先生
(横浜ベイシェラトンホテル&タワーズ 中国料理 彩龍 料理長)

食育推進委員として子どもの食育に関わっていますが、勉強といった入口ではなく、今日のように楽しみながら、自然に気づきを与えて、子どもたちが食の大切さに気づいてくれれば嬉しいですね。今日は、子どもたちのそんな姿を見ることができてよかったです。特に女の子がペカンナッツについて直感の印象を表現するのではなく、観察し長時間考えていた姿が印象的でした。



味覚の授業

味覚の授業「しょっぱいものって何がある?」
「梅干し!」
塩味・酸味・苦味・甘味・うま味について、実際の食べものを書き出していきました。梅干しなど、塩味や酸味と2つの味があるものに皆で気づけました。子どもたちにはうま味について表現するのが難しいようでしたが、実際に“味”を確認して、納得顔の子どもたちでした。



味見用食品

味見用食品ペカンナッツの飴炊き
名前も面白いし、食べたことのない食品でした。子どもたちは、お皿に落として音を聞いてみたり、観察したり、つぶしてみたり・・・楽しそうに食品に向き合っていました。
「食べものに集中して食べると、目で見て硬そうだな〜でもカリッとしたな。甘そうだけどどうだろう? 香ばしいにおいもするな・・・音やにおいや味が、いつもよりもわかるよね。家族にも教えてあげてね」
「五感を意識して食べると違う!」「思ったより軽い感じ」



調理デモンストレーション

調理デモンストレーション「塩を入れると野菜の色がよくなったり、野菜の甘味を引き出すよ。しょっぱいだけじゃないんだよね」
「何を入れたらどんな味になる? 硬めとやわらかめならどっちがいい? 自分の作る料理がどうなるのかイメージしよう」
と、子どもたちに言葉をかけながらデモンストレーションが行われました。



講師の盛り付け

講師の盛り付け「この場所に置いたら、どんな風になる? まず、自分で最終的な姿をイメージしてみよう。先生もいつもまず、ジーとしっかりイメージをしてから盛り付けるよ」
先生の“イメージ”してみることの大切さのメッセージが子どもたちに伝わり、ワクワク集中して盛り付けを見つめていました。
すし飯には、塩鮭、フライパンで炒めたしめじ、白ごまが入っています。
皿にすし飯を盛り付け、いり卵、いんげん、にんじんでトッピングし、その周りにきざみ海苔を散らしました。
弁当箱のほうはすし飯を詰めていり卵をのせ、にんじんといんげんでお花にしました。
おかずは、えびマヨ、かまぼこ、揚げワンタン、豚肉の野菜巻きです。



調理実習

家でいつもお手伝いをしている子は手慣れた様子でいんげんなどをカット。
いり卵は、どこまで火を通せばでき上がりなのか迷いながら取り組んでいた子どもたち。
お茶碗を水でぬらし、ラップをセット。ラップの上に花形に抜いたにんじん、いんげんをデザインしながら置き、ご飯をギュっと詰め、お皿にプリンのようにひっくり返して仕上げ!
「できた〜〜!」



子どもたちの盛り付け

「完成をイメージするんだよ〜。どんな風に仕上げたいの?」
ひっくり返したお寿司のまわりに海苔をバランスよく散らし、仕上がりに満足そうな子どもたち。上手にでき上がりました。



試食・感想

「おいしい!」
「五感の大切さがわかりました」
「五感は料理に必要なんだとわかった」
「料理を作るのは楽しい」

 
「自分で作るとまたおいしいよね。家でも家族に作ってあげてね」
あっという間に自分の作ったカラフルおすしを五感を使って平らげた子どもたち。
色もキレイなおすしで、いつもよりも食欲が増したのかな?



取材後記

講師の子どもたちへのメッセージ、「なんでもイメージしてみよう!ということばと感謝の気持ちを周りの人に持つこと。愛情のない弁当なんてひとつもない。感謝してごはんを食べよう!」。“食”に対する講師の想いがちゃんと子どもたち伝わった瞬間を見れたことは幸せでした。