日本版「味覚の一週間」

著名シェフによる「味覚のアトリエ」

キッチンランド横須賀

講師

講師福山哲郎先生(ブラッスリー・ティーズ・ミュゼ オーナーシェフ)
仲良く取り組んでもらえたのでよかったです。作ることも食べることも楽しいということが、今日の体験を通して伝わってほしいと思います。そして感謝して食べものをいただくということも忘れないでほしいと思います。
 
三上真美先生(ブルーヘブン オーナーパティシエ)
グループ実習も楽しんで参加してもらえたのでよかったです。おいしいと思った記憶は味覚の記憶として残り、味覚はいろいろな食材の味を知ることで発達します。今後もきちんとした食材を食べて育ってほしいと思います。



味覚の授業

味覚の授業三上先生が担当されました。
「食べものにはどんな味があるかな?」の問いかけに「しょっぱいには、ラーメン」「すっぱいにはレモン」「苦いにはゴーヤ、ピーマン」「甘いには、あめ、ドーナツ、はちみつ」「うまいにはだし汁、おでんの汁」という意見が出ていました。



味見用食品

味見用食品クッキー
三上先生がお持ちくださった「クッキー」を、五感を使って味わいました。
「サクッとしている」「ザラザラしている」「少しだけしょっぱい味(塩)を感じた」「おいしい」と感じたことをワークブックに記入しました。



調理デモンストレーション

調理デモンストレーション福山先生が担当されました。
「五感がもっと働くようになるには楽しい食事が大切、感謝して食べよう」というお話とともに、お米の洗い方など、作り方も丁寧に見せていただきました。



講師の盛り付け

講師の盛り付け2種類のおすし(にんじん、いんげん、いり卵、鶏の生姜そぼろ)(ごま、大葉、えび、海苔)を丸い形に盛り付けました。なるべくきれいにセンスよく盛り付けるポイントを教えてくださいました。キッシュ、自家製ハム、ブロッコリーの入った素敵なお弁当になりました。



調理実習

調理実習班ごとに分担して係を決めて調理しました。授業中は静かでしたが、調理実習では言葉をかけ合いながら仲よく、元気に取り組みました。いんげんをゆで、フライパンでいり卵を作り、グリルでにんじんを蒸し焼きにしました。



子どもたちの盛り付け

子ども盛り付け1人ずつ考えながら、2種類の盛り付けをしました。個性的な「カラフルおすし」ができました。



試食・感想

試食・感想工夫して作った「カラフルおすし」を楽しみながら食べました。「おいしい!」とあっという間に食べ終わりました。
「五感を学べてよかった」「わかりやすくて楽しかった」「上手にできてうれしかった」「みんなで協力して楽しくできた」「帰ったら早速作ります」といった感想が聞けました。



取材後記

2人の講師に1人ずつ授業とデモを受け持っていただき、実習は2人から教わるという贅沢な味覚のアトリエでした。横須賀という土地ならではですが、外国の子どもたちも数人参加し、国際色豊かな教室となりました。
「五感」が学べてよかったという感想が多く、貴重な体験となったのではないかと思います。