日本版「味覚の一週間」

著名シェフによる「味覚のアトリエ」

横浜ショールーム

講師

講師竹田直人先生(関内ビストロマリーンクラブ)
「子どもたちが楽しんでくれて、ほっとした気持ちです。かぼちゃを器にしたのが好評で、ハロウィンにぴったりのカラフルおすしができてよかったです」


味覚の授業

味覚の授業「味覚にはどんなものがあるかな?スプーンにとって食べてみよう。」
「しょっぱい」「すっぱい」「甘い」「苦い」「おいしい」



味見用食品

味見用食品シュークリーム
「見た目や味を感じながら食べましょう」
「甘いにおいがする」「おいしそう」
「中は栗のクリームです。クルミも入っています。季節を楽しんで下さい」



調理デモンストレーション

調理デモンストレーション「炊きたてのご飯に、しゃもじで切りながら酢を混ぜるのがポイントです」
「いんげんをゆでるときはお湯の中に塩を入れると、野菜の甘みが出ておいしくできます」
「いり卵は焦げやすいので、丸く円を描くように混ぜましょう」



講師の盛り付け

講師の盛り付け可愛らしいかぼちゃの器に盛り付ければ、カラフルおすしの完成です。
先生が用意して下さった、さつまいもと横浜のはまポークのリエットも入っています。
おかずは、ポテトサラダとウィンナソーセージ、プチトマトです。



調理実習

先生に教わった通り、ご飯は切りながら混ぜていました。
いんげんを切ったり、いり卵を丸を描くように混ぜたり、楽しく作れました。
最後にはかぼちゃの器にご飯を詰めて、自分たちで型抜きしたにんじんをのせて完成。
調理実習



子どもたちの盛り付け

子ども盛り付けにんじんの置き方もいろいろでした。個性豊かな「カラフルおすし」ができました。



試食・感想

試食・感想「かぼちゃの皮まで食べた。おすしがおいしくできた」
「もう4回もおかわりしたよ」

おすしは大好評でした。
「入れ物がかぼちゃですごく可愛かった。おいしかった」
「作るのがとても楽しかった。お家でも作りたい」
「かぼちゃがいっぱい食べられてうれしかった」



取材後記

かぼちゃの器を使ったおすしを作っていて、子どもたちはとてもうれしそうでした。貴重な体験をさせていただきました。ありがとうございました。

取材担当:渡邊早貴