日本版「味覚の一週間」

著名シェフによる「味覚のアトリエ」

料理教室 熊谷

講師

講師中嶋一紀先生
(ANAインターコンチネンタルホテル東京 花梨 料理長)

「思い思いのカラフルおすしが仕上がり、楽しかったです。ライスペーパーで巻く際、ご飯をたくさんのせた子は巻けないのでクレープのように包んでいました。子どもは頭がやわらかいから発想が面白いです。そんなところを見るのも楽しかったですね。
小さいうちに想像力を養うこと。それには好きなようにさせてみることが大切であり、その結果を見ることが、大人にとっては勉強になります。ただ、外せないポイントはきちんと伝える。基本をしっかり教える必要はあります。
完成品の味を見るのも大事ですが、途中経過を見させることも大事ですね」



味覚の授業

味覚の授業子どもたちが自由に発言できるよう、いろいろと問いかけながら授業が進みました。



味見用食品

味見用食品大根の酢漬け
子どもたちは、恐る恐る食べはじめ、思い思いの感想を述べていました。
「切り込みがある」「玉ねぎみたい」「すっぱいにおい」「冷たい、やわらかい」
「塩を使って水分を絞っているから、甘くて塩辛いけれど、あまりすっぱくないよ」



調理デモンストレーション

調理デモンストレーション示範台に近い位置から見ることができたので、ひとつひとつに興味津々な様子でした。
「お米の水加減の目盛りが先生の手にはあるよ」と浸水させた炊飯鍋の中に手を入れて実践。「へーそうなんだ」と子どもたちは感心していました。
すし飯のアレンジ用にを持ち込んでくださったライスペーパーを見て「うちにある。好き」と子どもたち。



講師の盛り付け

すし飯にいんげんとれんこんを混ぜ、ぬらしたライスペーパーの上にいり卵、にんじん、海苔をのせて巻いて適当な大きさに切り、お弁当箱に詰めました。
おかずは、シュウマイ、えび団子、豚肉の野菜巻きです。
講師の盛り付け



調理実習

分担しながら実習が行われました。先生は、すし飯を作るところを丁寧に見てくださいました。
「いり卵は手早く大きく手を動かして」「えーこうですか?」
「ご飯は粘りを出さないよう混ぜる。いり卵で全体が混ざったかわかるよ」「難しい〜」
ピピッとコンロがピピというたびに「コンロが呼んでいるよ」と言って子どもたちに声をかけてくださいました。



子どもたちの盛り付け

「みんなに任せるよ。先生のは、あくまでも見本だからね」
「えー」(任されるのはいいけど、できるか心配そうでした。)
ライスペーパーで包むのは、難しいと思いましたが意外と上手でした。中身にすし飯がたくさん入りおしゃれクレープの形になった子もいました。
「何でも自由に包んでみて」
「何しようか」「巻くのが遅いかも私」
「大丈夫ゆっくりでいいよ」
おかずのえび団子、シュウマイ、肉巻き、野菜などを、盛り付け皿の中央に置く人が多かったです。



試食・感想

おいしいと言って食べていました。ライスペーパーがはじめての人は探り探り食べていたのが印象的でした。
「おなかいっぱい」「すし飯をいっぱい包んでいたから2つ食べるとおなかいっぱいになるよ」
「ライスペーパーがやぶれそうで、難しかった」「こんなおすしを食べるのははじめてです」



取材後記

お話が尽きなかったです。先生は柔軟な考えをお持ちで見習うことが多かったです。
今回のプログラムの主旨、流れなど本当によく把握されていてありがたく思いました。
参加人数が少なかったので、ひとりひとり丁寧に見てくださいました。子どもたちはいろんなことが印象として残ったと思います。