日本版「味覚の一週間」

著名シェフによる「味覚のアトリエ」

キッチンランド光が丘

講師

講師舘野雄二先生(みちば和食 たて野 店主)
「五感をしっかり使って、食事を楽しむことを伝えていきたいです。
食べることは、生きていくうえでも、健康を維持していくうえでも非常に大切です。
ふだんの食卓ではなかなか目には見えませんが、ただ食べるだけではなくて、食材を作る生産者に感謝することも伝えていきたいです」


味覚の授業

味覚の授業「食べものには、しょっぱい、すっぱい、苦い、甘い、うまい5つの基本味があります。それぞれどんな食べものが思い浮かぶかな?」
先生の問いかけに、子どもたちは自分が思う食べものを発言したり、ワークブックに書いたりしていました。
その後、五感を使って5つの基本味の食品を味わいました。
うま味では、だし汁を試食しました。
 
「鼻をつまんでグミを口に入れて噛んだ後、手をはなすとどんな変化が起きるかな?」
フルーツグミを使ったおもしろい実験に、教室は盛り上がりました。



味見用食品

味見用食品昆布の佃煮



調理デモンストレーション

調理デモンストレーションすし飯、パプリカ、しいたけ、いんげん、にんじん、いり卵、サラダ菜を使って手まりずしを作りました。
「おいしいご飯を炊くには、お米の水加減が大事だよ。土鍋で炊くととってもおいしいよ」
「卵をいるときは、弱火で箸を細かく動かしながら作ると、しっとりとした細かいいり卵ができるよ」

調理のコツなどを説明しながらデモンストレーションが行われました。
子どもたちは興味津々の様子でした。



講師の盛り付け

講師の盛り付け弁当箱の1段目には、すし飯にパプリカ、しいたけなどを混ぜて作った手まりずしといり卵を、2段目には舘野先生が用意してくださった銀杏、かぼちゃのおかずとれんこんのデザートを詰めました。
お皿には、中央にいり卵を盛り、そのまわりに手まりずしを並べ、ドレッシングをかけました。



調理実習

調理実習ご飯粒がつぶれないように、すし飯と具材を上手に混ぜることができました。


調理実習トッピング用のいり卵は4〜5本の菜箸を使って器用に作っていました。


調理実習トッピング用のにんじんはグリルで蒸し焼きにしました。


調理実習子どもたち一人一人が自由に、見た目もおいしそうな盛り付けをしていました。



子どもたちの盛り付け

サラダ菜で手まりずしを包んだり、サラダ菜の上に並べたり、工夫いっぱいのおすしができました。
子ども盛り付け



試食・感想

試食・感想自分たちで作った手まりずしを、とてもおいしそうに食べていました。
「おすしにドレッシングをつけて食べると意外においしかった」
「盛り付けが一番楽しかった」

作るのも、食べるのも、とても楽しそうで、みんないきいきとしていました。



取材後記

子どもたちが、楽しそうに料理をしている姿や、積極的に質問している姿が印象的でした。
また、五感を使って食事を楽しむことはふだんは忘れがちですが、今日の授業が、五感を使って味の違いをしっかり感じ、調理や食事を楽しむことのきっかけになったと思います。

取材担当:横山真美子