日本版「味覚の一週間」

著名シェフによる「味覚のアトリエ」

キッチンランド江戸川

講師

講師北岡飛鳥先生(レストラン レカイヨ シェフ)
「食材を触ってみたり、育ててみることで食べものへのありがたみや愛情が生まれ、おいしいと感じることができると思います。また、自分で作ってみることも感謝の気持ちを持つことに通じます」



味覚の授業

味覚の授業「味覚ってどういうものかわかる?」
「舌で味わう」
「すっぱいものでイメージするものは?」
「レモン」「梅干し」「グレープフルーツ」
「苦い味のものだと何かな?」
「ピーマン」「ゴーヤ」
子どもたちは、塩やお酢などの五味の食品を味わい、積極的に発言していました。



味見用食品

味見用食品2種類のチーズをのせて焼いたクッキー
「見た目はどうかな?」
「おもちみたい」「においは? かたいかな?」
「チーズみたい」「上はやわらかいけど下はかたい」
「チーズっていうのは五味が全部入っている食べものなんだよ」
子どもたちは五感を使って観察し、味やにおい、食感を確かめながら味わいました。



調理デモンストレーション

調理デモンストレーション北岡先生がお米をとぐところから子どもたちにして見せ、食べものに関する説明を交えながら進行しました。
「お米のとぎ汁が透明になるまで洗います」
「牛乳みたいだったのが透明になってきた」
「フランス人はね、お米をサラダとして食べるんだよ」
「えー!」
合わせ酢のお酢には、白ワインビネガーを使いました。



講師の盛り付け

講師の盛り付けお弁当箱には、すし飯を詰め、コーン、いんげん、いり卵、ハム、2色のパプリカを色鮮やかに並べ、星型のにんじんをのせました。お弁当を開けると、自然とわくわくした気持ちになります。
お皿のほうは、すし飯にコーン、いんげん、ハム、パプリカを混ぜてドーム型にし、いり卵と星型のにんじんで飾りました。



調理実習

白ワインビネガーを使って合わせ酢を作ったり、いんげんは注意しながらゆっくりお鍋に入れたり、材料を同じ大きさに切ったり・・・・・みんな一生懸命でした。
調理実習



子どもたちの盛り付け

真っ白のお皿をキャンバスにして子どもたちは思い思いに、いり卵やにんじんをトッピングしました。どれもとってもおいしそうです。
子ども盛り付け



試食・感想

試食色とりどりの「フランス風カラフルおすし」ができ上がりました。
「フランスでは“いただきます”は“ボナペティ”と言います、みんなで言ってみましょう!」
「ボナペティ!」
「すし飯は、すっぱい味のほかに、何か感じたかな?」
 
「にんじんの型抜きが大変だった」
「パプリカが苦かった」「パプリカ嫌いだけど食べられたよ」
「ツナを入れたらいいかも」
「いろいろな味の種類がよくわかりました」
「お母さんに作ってあげたいです」



取材後記

味覚の授業で子どもたちはいろいろな発想や新しい発見をしていて感心しました。フランス風のおすしを作って食べてみて、子どもたちはお家の人への感謝の気持ちを持ちおいしいと感じてくれたのではないかと思います。「食育」という抽象的なワードが具体的に料理教室という形で開催され、実際に子どもたちの成長を見ることができ、感動しました。

取材担当:吉川愛友美