日本版「味覚の一週間」

著名シェフによる「味覚のアトリエ」

料理教室 高崎

講師

講師佐藤根隆之先生(料理家)
「楽しかったです。人に教えることがないのでよい体験になりました。家で作ってくれるといいですね。来年も機会があればぜひやってみたいです」



味覚の授業

5つの基本味は、食べながら説明されていたので、5つの味への理解をより深めることができました。
味覚の授業



味見用食品

味見用食品スペインオムレツ
オムレツに玉ねぎ・ソーセージ・いんげんを入れ、塩・こしょうで味付けしたもの。
「どんな味がする?」
「塩っぽい!」
最後にケチャップをつけて食べると「甘くなった」「ちょっぴりすっぱい!」
ケチャップを加えることで味に変化が出て、違う意見が飛び交っていました。



調理デモンストレーション

ごはんの炊き方の説明からデモンストレーションが始まりました。
子どもたちは、次は何だろう?と、興味津々の様子で見入っていました。



講師の盛り付け

講師の盛り付け基本のトッピングに、でんぶ、しいたけ、鶏そぼろをプラス。トッピングの組み合わせを変えて3種類の手まりずしを作り、バスケット型の弁当箱に詰めました。



調理実習

調理実習いよいよ子どもたちの調理実習がスタートです。
一班の人数が多く(6人)、一度に同じ作業をしてもらうのはとても大変そうでしたが、子どもたちは協力しながら進めていました。
いんげんを1人1本ずつ切るようにしたのが、とてもいいアイデアだなと思いました。
みんなで楽しそうにラップの上に具材をのせて、手まりずしを作っていました。



子どもたちの盛り付け

子ども盛り付けいんげんをいろいろな大きさや形に切って、花の茎にしたり葉っぱにしたり工夫していました。
みんな、色とりどりにきれいに作っていました。



試食・感想

試食・感想「おいしい!」「すし飯がすっぱい」全員完食していました。
「楽しかった」「うちに帰ったら作りたい」「すし飯がおいしかった」「5味を体験することができてよかった」「鼻をつまんで食べるのとそうでないのとでは味が違うのがわかった」
「チョコレートは甘かったよ」



取材後記

先生が若く友だちかお兄さんのように接していらしたので、子どもたちは初対面の人が多いにもかかわらず、リラックスして授業を受けることができたのではないかと思います。言葉を選びながら子どもたちに一生懸命説明をしていらっしゃるのが印象的でした。