日本版「味覚の一週間」

著名シェフによる「味覚のアトリエ」

キッチンランド世田谷

講師

講師片山琴美先生(大和クッキングスクール クッキングアドバイザー)
「素直に感想などを返してくれるところがうれしかったです。
シャイな年頃の子が多いので、感じたことを言葉で表現させて、子どもたちが自主的に考えるように工夫したところ、「考えることが楽しくなった」という感想が聞かれ、こちらの想いが十分届いているのがわかり、「味覚のアトリエ」という教室を開催した意義を感じました」



味覚の授業

「食べものの味にはどんなものがありますか?」と質問を投げかけ、5つの味を、塩・酢・砂糖・ビターチョコレート・だし汁で味わいました。
味覚の授業



味見用食品

味見用食品ラスク
フランス版おせんべい=ラスクを用意してくれました。食べると甘くて、カリカリ・・・食感も味を形成する大切な要素だということを学びました。



調理デモンストレーション

調理デモンストレーションすし飯を作るところからスタート。いんげん、花形・ハート形にくり抜いたにんじんをゆでている間にいり卵を作っていきました。ほかに粉チーズ、しょうゆ味で煮たツナ、トマトがトッピングに加わりました。



講師の盛り付け

講師の盛り付け今回のテーマの「お弁当」と、子どもたちが盛り付けるお皿、さらにおうちでも楽しんで作れるようにとセルクルを使ったケーキ風な盛り付けも紹介してくださいました。



調理実習

調理実習講座中の静かさとは別人のようにおしゃべりしながら調理を楽しむ子どもたち。
クッキングインストラクターのサポートで、いろいろな作業に満遍なく携わることができ、どの子も積極的に調理を行っていました。



子どもたちの盛り付け

子ども盛り付け先生の「みんなで自由に」、というアドバイスに従って、それぞれが自由な発想で盛り付けをしました。



試食・感想

試食実習中の賑やかさがぱったりとやみ、みな黙々と試食して、あっという間に完食です。感想を聞いてみると「おいしい、もっと食べたい」
「五感という言葉をはじめて知りました」「鼻と口が繋がっているのを改めて感じました」「味を感じながら食べると、よりおいしいのがわかりました」「みんなで作ると面白く楽しく達成感がありました」「家族にも作ってあげたいです」



取材後記

子どもたちにとっては、試食よりも、5つの味の食べ比べや、鼻をつまんで食べることのほうがはじめての経験でより印象深かったようです。ふだん何気なく口にしている食べものが五感を使って味わっているものだったという、食の気づきの場として貴重な体験でした。子どもはもちろん、親にも学んでほしい内容です。
意外にもビターチョコレートがおいしい、という子どもが多く、現在の食を取り巻く状況が子どもたちの味覚の形成に大きな影響を与えているのを実感しました。