日本版「味覚の一週間」

著名シェフによる「味覚のアトリエ」

キッチンランド生田

講師

講師今平茂先生(横濱元町 霧笛楼 総料理長)
福士誠先生(ウインドジャマー 総料理長)

「静かだった子どもたちが、コンソメスープを口に含んだ瞬間から変わったのが印象的でした。子どもたちにも伝わるものですね。子どもたちにはこれからも味の大切さ、そして食の楽しさを伝えていきたいと思います」



味覚の授業

メインの講師は今平先生が担当されました。
「うま味」では今平先生特製のコンソメスープをご準備くださいました。
子どもたちがコンソメスープを口に含んだ瞬間、パッと笑顔に変わり「うわぁ、おいしい…」。じっくりと味わう子どもたち。うま味を感覚で理解できました。
味覚の授業



味見用食品

味見用食品キャラメル味のクッキー
先生は苦味と甘味を感じられるようにキャラメル味のクッキーを用意。
「砂糖の入ったクッキーとキャラメルの苦味の組み合わせがおいしいクッキーになっているんだよ」「甘いけど、少しだけ苦い!」子どもたちにもわかりやすかったようです。



調理デモンストレーション

調理デモンストレーション「すっぱいお酢、甘い砂糖、しょっぱい塩。ここでも味の組み合わせでおいしいご飯ができるね」子どもたちに語りかけながら調理を進めました。
トッピングに稲穂を揚げました。「よく音を聞いていてごらん」パチパチと膨らんで揚がる稲穂に「ポップコーンみたい!」子どもたちは大興奮でした。



講師の盛り付け

講師の盛り付け「旬は知っているかな? 旬のものを食べるのが一番おいしいんだよ」
お弁当箱に鶏のスープで炊いたすし飯を詰め、いり卵、いんげん、にんじん、鶏のそぼろ、マッシュルームのソテーをのせ、きざみ海苔をトッピング。おかずは、かぼちゃ、きのこ、銀杏など秋の味覚がいっぱいです。
お皿に盛り付けたおすしには、「収穫の秋」をイメージして揚げた稲穂を飾りました。



調理実習

「いんげんを斜めに切るのが難しい!先生のを見てこよう!」熱心に先生の見本を見つめる子どもたち。みんな真剣な表情で実習に取り組んでいました。
講師の盛り付け



子どもたちの盛り付け

子ども盛り付けセルクルを使ってご飯を抜き、先生が用意した「マッシュルームのソテー」「鶏そぼろ」揚げた「稲穂」も合わせて盛り付けました。
「お花形にしようかな」「うさぎにしてみたよ」
みんな個性を発揮していました。



試食・感想

試食・感想先生の声がけに合わせてみんなで「いただきます」
「稲穂を揚げるのがおもしろかった」
「おすしのご飯がおいしかった」
「盛り付けるのがとても楽しかった」

子どもたちにとって、楽しくおいしい体験になったようです。



取材後記

「子どもたちはいつも真剣。だから大人も真剣。そしてそれが楽しい!」という先生の言葉が印象的でした。子どもたちも真剣に取り組んだからでしょう。充実して楽しかった様子でした。どんどん新しいことを吸収していく様子に食育の役割を実感した1日でした。