日本版「味覚の一週間」

著名シェフによる「味覚のアトリエ」

キッチンランド石神井

講師

講師吉岡英尋先生(なすび亭 店主)
「説明が長いと子どもたちが飽きてしまうので、短い時間で子どもたちが料理に興味を持って貰えるよう指導するのが難しかったです。
今回の授業を通して、料理を食べることや作ることに、少しでも興味を持ってもらえればよいと思います」



味覚の授業

「しょっぱい、すっぱい食べもので、思いついたものを書いてみよう」
「塩味は焼き魚、ポテトチップス」「酸味はレモン、梅干し」「苦味はゴーヤ」「甘味は砂糖、洋菓子、べっこう飴」
「うま味はちょっと難しかったかな、お味噌汁のおだしや昆布つゆがうま味だよ」
 
フルーツグミで、味とにおいの感じ方の違いを体験しました。
「鼻をつまんでグミを食べてごらん。味が違うでしょう?」
味覚の授業



味見用食品

味見用食品きんぴらごぼう



調理デモンストレーション

「料理を作るときは、赤・緑・黄色を入れるとおいしそうに見えます。視覚が大事です」
調理デモンストレーション



講師の盛り付け

講師の盛り付け彩りがとてもきれいなおすしができ上がりました。
すし飯には、塩鮭とかんぴょうが入っています。
 
カラフルおすしと鶏のから揚げと、野菜の炊き合わせと生麩を詰めてお弁当にしました。



調理実習

いんげんをゆでる人、いり卵を作る人、にんじんの型抜きをする人、すし飯を作る人と、分かれて作業開始。苦戦しながらも協力して頑張っている様子がうかがえました。
調理実習



子どもたちの盛り付け

それぞれ個性あふれるカラフルおすしが完成しました。
子ども盛り付け



試食・感想

揃ったら、飲みものを用意して全員で「いただきます」
「おすしを握るのが楽しかった」
「自分で料理ができたり、たくさん体験ができて楽しかった」

「お皿洗いとか、みんなで協力できたのがよかった」

試食・感想



取材後記

子どもたちの作ったカラフルおすしは、同じ材料を使っているのにどれも見た目が個性的で、可愛く仕上がっていました。また、赤・緑・黄色の食材を使っていたので彩りもきれいでした。料理の実習はみんな積極的に参加していました。今回の料理教室で料理に興味を持ってくれればいいなと思います。

取材担当:中山珠希