日本版「味覚の一週間」

著名シェフによる「味覚のアトリエ」

キッチンランド川崎

講師

講師小林誠一先生(横浜ローズホテル 総料理長)
「味見用食品のオレンジのパウンドケーキは、苦味が強く大人の味だったかもしれませんが、1つの食べもので5つの味が入っているので選びました。子どもに対しての話し方が難しく、うまく伝えられたかどうかわかりませんが、今日の授業で、味に対して興味を持ってくれたら嬉しいです」



味覚の授業

味覚の授業「五感を体験してもらおうと思います」
「しょっぱい味は塩、酸味はお酢、苦い味はゴーヤ、甘い味は砂糖」
それぞれ、考えながらテキストに記入していました。
 
「鼻をつまんでグミを食べてみましょう」
「味がしない!」



味見用食品

オレンジのパウンドケーキ
「オレンジのパウンドケーキを用意しました。このパウンドケーキには、甘い、苦い、すっぱい、しょっぱい全部の味が入っています」
グミを食べたときと同じように、鼻をつまんでケーキを食べる子どもたちもいました。
味見用食品



調理デモンストレーション

調理デモンストレーション いり卵のデモンストレーションでは、「いり卵は菜箸を4本使って作ると、細かいいり卵ができます」とコツを説明。



講師の盛り付け

講師の盛り付け蟹としいたけを加えたすし飯をプリン形に抜いて、いり卵、いんげん、にんじん、たらば蟹のスライスで飾りました。お弁当のおかずは、えびとすり身のフライ、アスパラのベーコン巻き、若鶏の照り焼きです。



調理実習

合わせ酢をご飯に入れる係、ご飯を混ぜる係、うちわで冷ます係など、友だちと協力しながら分担して調理を進めました。
調理実習



子どもたちの盛り付け

お皿にいんげんをちりばめたり、いんげんとおすしで顔を作ったり、とってもかわいくできました。
子ども盛り付け



試食・感想

試食・感想きれいに平らげ、おかわりをする子どもたちもたくさんいました。
「おいしかった」
「いり卵を作るのが楽しかった」
「ご飯を型に入れてプリンにしたのが楽しかった」



取材後記

子どもたちに「味に対しての興味を持ってもらいたい」という小林先生の気持ちがとても伝わる授業でした。子どもたちは積極的に調理に参加し、お友だちと分担、協力して調理を進めていました。食べ終わったお皿も自分のお皿は自分で洗い、片付けも積極的でした。協力的な子どもたちがたくさんいたため、予定時間より早い時間に授業が終了できたことに関心しました。また、先生やスタッフの方の子どもとの接し方や調理の手際のよさなど、多くのことを学ぶことができ、とてもよい経験になりました。

取材担当:堀越晴佳