日本版「味覚の一週間」

著名シェフによる「味覚のアトリエ」

キッチンランド足立

講師

講師坂田幹靖先生(GINZA kansei オーナーシェフ)
「食事をするときにはどういう味で構成されているかを感じながら食べてください。また、5つの味はもちろん、五感を使うことで食べもののおいしさを再確認できると思います。ただ漠然と食べるだけでは濃い味付けばかりに偏ってしまいます。いつも五感を感じながら食べることで、だんだんと本当のおいしさがわかるようになり、バランスのとれた食事になると思います」


味覚の授業

「5つの味を感じる食べものにはどんなものがあるかな?」
子どもたちは、塩・酢・砂糖・ビターチョコレート・だし汁を味わった後、次々に意見を出していました。
しょっぱい「ポテトチップス・みそ汁」すっぱい「レモン・梅干し・ヨーグルト」にがい「ゴーヤ・しそ・パセリ」あまい「はちみつ・シュークリーム・生クリーム」うまい「コンソメ・煮干し・かつお」
味覚の授業



味見用食品

味見用食品全粒粉のレーズンパン
「中に入っているのはイタリアの干しブドウ。パンには砂糖も塩も入っています。また全粒粉には酸味も感じられます」
味だけではなく、においや食べたときの音も感じながら試食しました。



調理デモンストレーション

「ご飯と合わせ酢は切るようにして混ぜましょう」
「いんげんはスジを取ってからゆでましょう」

子どもたちに、わかりやすいように丁寧に説明していました。
調理デモンストレーション



講師の盛り付け

講師の盛り付けいり卵といんげん、にんじんに肉そぼろをプラスして手まりずしにし、その上にアーモンドスライスをトッピングしました。肉そぼろの味付けには赤ワインやトマトを使いました。アーモンドスライスをのせることでサクッとした食感と香ばしさが楽しめます。



調理実習

すし飯を作る人、いり卵を作る人、いんげんを切る人に分かれて作りました。
「ちょっと味見してもいい?」「次は何をしたらいい?」「1人分に分けるよ」
子どもたちはみんなで協力して楽しそうに作りました。
調理実習



子どもたちの盛り付け

お手本をもとに、オリジナルのカラフルおすしが完成しました。
余った食材をお皿に散らしてみたり、アーモンドで顔を作ってみたり…。
どのお皿もみんなの個性が光っていました。
子ども盛り付け



試食・感想

試食・感想お待ちかねの試食の時間。全員そろって「いただきます」
「五感を使って食べてみよう」
「アーモンドがパリパリしている」
「卵は甘くておいしい」
「にんじんも甘いよ」
「食べものについて興味を持ちました」
「もっといろんな料理を作ってみたい」



取材後記

今回の味覚の授業ではいろいろな学年の子や別の学校の子が集まっており、最初は緊張していた子どもたちでしたが、調理を通して仲よくなっていく様子がとても印象的でした。食べものは人の心を豊かにするものだと実感しました。
私も食事のときにはシェフの言葉を思い出し、五感をフルに活用して味わいたいと思いました。

取材担当:益山莉奈