日本版「味覚の一週間」

著名シェフによる「味覚のアトリエ」

キッチンランド調布

講師

講師日高良実先生(アクアパッツァ オーナーシェフ)
「子どもたちにとって、食の“楽しさ”への気づきの時間になればと思いました。五感を使って食べることは、大切な感性を育てることにつながります。
食に対して感謝することを知り、おいしく楽しく、健康になる食生活について、ご家庭にも届くとよいと思います。
この教室を通じて、私も改めて感じること、教えられることが多くありました」


味覚の授業

実験のように進められた五味の味見に、子どもたちは興味津々。その中でも反応が大きかったのが「酸味」のお酢と「うま味」のだし汁でした。
「お酢、全部飲んでもいい?」「みんなお酢、好きなの?」
うま味のだし汁はあまり進まない様子。
「だし汁だけだとあんまりおいしくないかな。ここにお味噌やしょうゆ、その他の調味料が入るともっとおいしくなるよ」
味覚の授業



味見用食品

試食・感想ビスコッティ
日高先生のお店でも人気というビスコッティをお持ちくださいました。
「中に何が入っていると思う?」
子どもたちは真剣に観察しました。



調理デモンストレーション

試食・感想「イタリア料理のシェフだから、今日はすし飯に“トマト”と“バジリコ”、そして“オリーブオイル”を混ぜ合わせるよ。どんな香りに仕上がったか、みんなに回すから鼻で味わって」
「わぁ、いいにおい!」「はじめての香り!」子どもたちはバジリコの新鮮な香り漂うすし飯に、目を輝かせていました。



講師の盛り付け

講師の盛り付け花形のにんじんとバジリコを使って、お弁当箱の中でかわいいお花が咲きました。
トッピングは、湯むきして小さく切って塩・こしょう・オリーブオイルで味付けしたフルーツトマト、肉そぼろ、いんげん、いり卵、にんじん、バジリコです。



調理実習

「みんなで協力して料理するのはとっても楽しい!」
今日、出会ったばかりの年齢の違う友だちとも力を合わせ、一つ一つ丁寧に調理を進めていきました。真剣に調理する子どもたちを日高先生が見守ります。
調理実習



子どもたちの盛り付け

子ども盛り付け盛り付けにも一生懸命の子どもたち。
白いお皿に色とりどりの具材が映え、かわいく仕上げることができました。



試食・感想

講師の盛り付け「おすしにオリーブオイルを入れてもおいしい。ビックリ!」
いつもとはひと味違うおすしに「おいしい」「おいしい!」と子どもたちの食も進みました。
 
「食べものはいろんな味を混ぜて、ひとつの味を作ることを知った」
「トマトの皮の湯むきは、ちゃんとメモしたから家に帰ったらやってみる」
「みんなで協力して作ったものを一緒に食べるとさらにおいしい」

子どもたちの素直な感想に日高先生も、「うれしいな」とおっしゃってくださいました。



取材後記

日高先生の口からイタリア料理の名前が出ると、子どもたちはみんな「知っている」と嬉しそうでした。パスタの種類はもちろん、ティラミスやパンナコッタなども当然のように、好きか嫌いかを発言していました。“食”に対する知識や興味は、子どもたちにも幅広く浸透しているのだと驚きました。
子どもの目線に立ってわかりやすく説明をしてくださった日高先生のおかげで、楽しく、発見のある味覚の授業になったと思います。食の大切さは「親御さんにも伝えたい」という日高先生の思いが、また別の形でも実現できればよいと感じました。