日本版「味覚の一週間」

著名シェフによる「味覚のアトリエ」

キッチンランド八王子

講師

講師長谷川在佑先生(神保町 傳 料理長)
「こういう料理教室に男の子も多く来てくれていることをとてもうれしく思いました。食べるということは体を丈夫にすることはもちろん、心を豊かにしてくれるものだと思います。
おすしの盛り付けのときの子どもたちの感性がすごいなぁと思いました。子どもたちから学ぶこともたくさんありました」



味覚の授業

味覚の授業塩、お酢、ビターチョコレート、砂糖、かつおだしを実際に味わい、五感を使っていろいろなことを感じてもらいました。
「塩と砂糖ではどう違うかなー?」
「砂糖のほうが粒がおっきい!」 「塩に結晶がある!」



味見用食品

味見用食品梅干しのはちみつ漬け
「すっぱいのと甘いのが混ざるとどうなるかな?」
「梅干しなのに甘い!」「おいしい!」
いろいろな声が飛び交っていました。



調理デモンストレーション

実際にお店でのお米のとぎ方を丁寧に教えてくださいました。
「お米のとぎ汁はお花にあげたり、たけのこをゆでるときにも使えるんだよ」
試食・感想



講師の盛り付け

講師の盛り付けお弁当箱に色鮮やかに盛り付けられました。先生はあなごときゅうり、でんぶ、海苔を持ってきてくださいました。



調理実習

調理実習いよいよ子どもたちの調理実習がスタートです。
「いんげん、斜めでいいー?」
班で声をかけながら協力していました。



子どもたちの盛り付け

海苔やいんげんで顔を作ったり、きれいに彩りよく並べたり、子どもたちの発想に先生も驚いていました。
子ども盛り付け



試食・感想

自分で作ったカラフルおすしを「おいしい!」と言ってお皿がピカピカになるくらいきれいに食べていました。みんな喋ることを忘れておいしそうに黙々と食べていました。
「盛り付けを考えるのが大変だった」「五感の授業が楽しかった」
さまざまな感想を聞くことができました。



取材後記

和食のプロということもあり、お米のとぎ方から調理の基本を丁寧に子どもたちに教えていらして、とてもわかりやすかったです。幼いころからの食事は大人になっても忘れないと思うので、こういった子どもたちへの食育がとても大切なのだなと感じました。

取材担当:菅原麻里