日本版「味覚の一週間」

著名シェフによる「味覚のアトリエ」

キッチンランド目黒

講師

講師鵜野秀樹先生(イル マンジャ−レ オーナーシェフ)
「子どもたちの感性に驚きつつ、今どきの子どもの難しさも感じました。トータル的にはとてもいい勉強になりました」


味覚の授業

「五味ってなあに?」「どんな味があるかな?」
食べものには5つの味があり、それをみんなで発表。
ワークブックに記入して5つの味を学びました。
五味の試食用食品に、塩味:アンチョビ、酸味:パッションフルーツのピューレ、苦味:アンディーブ、甘味:はちみつ(白トリュフ入り)、うま味:フォンドヴォーソース を持って来てくださいました。
味覚の授業



味見用食品

味見用食品世界の三大珍味(フォアグラ・トリュフ・キャビア)と牛肉のロースト
「小さいときから本物の味を知ることが大事」とのことから、上記の食品を用意してくださいました。



調理デモンストレーション

調理デモンストレーション味覚の授業では、緊張からかおとなしかった子どもたちも、調理デモがはじまるとキッチンに注目。
デモンストレーションは、いんげんをゆでることからスタートしました。



講師の盛り付け

講師の盛り付けはじめに、子どもたちが実習するラップずしの作り方を見せてくださいました。その後お弁当箱に笹の葉やもみじを使ってさすがプロ!といった盛り付けを見せてくださいました。
追加したトッピング食材は、鮭のフレーク、しそ、えび、でんぶ。 おかずは、だし巻き卵、えびのマリネ、うずらの卵、鶏肉のごぼう巻きでした。



調理実習

調理実習味覚の授業のときは静かだった子どもたちが、ワイワイ!!
友だちと協力しながら、いんげんを切ったり、にんじんの型抜きをしたりしていました。
最後は、ラップにトッピングを並べてご飯をのせて、手まりずしの完成!
ハート形に仕上げる子どもたちもいました。



子どもたちの盛り付け

子ども盛り付け先生の持ってきてくださった、笹やもみじを使って盛り付けました。



試食・感想

待ちに待った試食の時間。
「ふだん料理をしない」と言っていた子どもも「楽しかった」と完食でした。
「5つの味を知ることができた」
「食べものにはいろいろな味があるんだな」
「また参加したい、楽しかった」

といった感想が聞かれました。



取材後記

鵜野先生のお話に最初は緊張気味だった子どもたちも、五味を食するあたりからは、周りのお友だちとコミュニケーションをとりながら楽しく学んでいました。
はじめて口にする高級食材に、顔をしかめたり吐き出したりといろいろなリアクションをとっていましたが、おいしいおいしいと食べている子どもも多く、アンケートにも「味覚って人によって違うということを知った」と書いている子も多かったです。良い経験ができたと思います。