日本版「味覚の一週間」

「味覚の一週間」プレイベント 科学技術館特別版「味覚のアトリエ」

「味覚の一週間」プレイベント 科学技術館特別版「味覚のアトリエ」日本版「味覚の一週間」に先駆けて、公益財団法人 日本科学技術振興財団と協働し、科学技術館(東京都千代田区北の丸)にて特別版「味覚のアトリエ」を実施しました。講師を務められたのは、江戸懐石近茶流嗣家 柳原尚之氏です。
味覚の授業とカラフルおすしの調理実習で、5つの基本味と五感を使って作ること、味わうことの大切さについて学びました。



味覚の授業

柳原氏と子どもたちとの、食べ物の味に関するやり取りからはじまりました。
「食べ物にはどんな味があるかな?」の問いに、子どもたちからは、「甘い」「しょっぱい」といった答えが返ってきました。
「辛い」という答えについて柳原氏は、「辛いというのは、みんなが痛いと感じるときの刺激と同じで、甘味や塩味とは感じ方が違うんですよ」と、実際に手を叩いてみせながら説明。

うま味については、だし汁で作ったみそ汁とお湯にみそを溶いただけのみそ汁をご用意くださり、子どもたちは2種類のみそ汁を飲み比べることで、体験的にうま味やそれがもたらすおいしさを知ることができました。

また、味にはにおいが関係していることを、鼻をつまんでグミを食べるテストで学びました。
味覚の授業


味覚の授業では、講師の方に五感を使って味わうことの大切さを伝えるために試食用食品を作っていただいています。今回、柳原氏がご用意くださったのは、「ナッツの入った田作り」。田作りは複数の基本味が含まれているだけでなく、食感が独特です。子どもたちは、五感を働かせるようにじっくりと味わっていました。
味覚の授業



調理実演・実習・試食

デモンストレーションでは子どもたちも参加し、柳原氏といっしょに最新のガスコンロを使って、ご飯を炊き、おすしの具材を作りました。
その後、一人ずつカラフルおすし作りに挑戦しました。
「ご飯を小さなおにぎりにしてからデコレーションすると作りやすいですよ」と柳原氏。
子どもたちは、自由にデザインしオリジナルのカラフルおすしを完成させていました。
調理実演・実習・試食


調理実演・実習・試食
最後に、味覚について学んだ証として、「味覚のアトリエ」のディプロマが、柳原氏から一人ずつに手渡されました。

今回のイベントでは、保護者の方にご見学いただきましたが、柳原氏の味覚の話に熱心に耳を傾けていらっしゃいました。