日本版「味覚の一週間」

著名シェフによる「味覚のアトリエ」

2014年10月25日(土) キッチンランド多摩ニュータウン

講師 野永喜三夫氏(日本橋ゆかり)

「味覚のアトリエ」を終えて

講師 今日の体験を通して、だしの大切さ(和食のおいしさ)や、ものを大切にする(食べ物を残さない・無駄にしない)など、もっと食に興味を持ってもらえたらうれしいです。
これからも、このようなきっかけづくりの場をたくさん作って伝えていきたいと思います。



味覚の授業

味覚の授業


調理実習

調理実習


取材後記

料理を作るとき、どんなものができるか・作りたいかを「イメージをすることが大切」という野永先生の言葉がとても印象的でした。「レシピ通りに淡々と作るだけでは、なかなかおいしいものができない。イメージをしながら、料理の途中で見て、嗅いで、味見をして・・・」。五感をフルに使って料理を作ることの大切さを教えていただきました。

(レポート作成:藤澤朋美)