日本版「味覚の一週間」

著名シェフによる「味覚のアトリエ」

2014年10月26日(日) キッチンランド浦和

講師 中山篤氏(服部栄養専門学校)

「味覚のアトリエ」を終えて

講師 味覚は経験で形成されます。味見用食品にだしを用意しましたが、だしは材料の鮮度と取るときの技術が大切です。
良いだしを使うことは減塩につながります。子どものうちから良い食材を食べさせてほしいと思います。



味覚の授業

味覚の授業


調理実習

調理実習


取材後記

うま味の相乗効果や、苦いものが苦手な人には、甘いものを入れると苦味が抑制されることを、実際に体験させながら説明されていて、とても理解しやすく勉強になりました。
だしの取り方の実演では、お母さん方も驚きながら興味津々に授業を聞いているシーンが印象的でした。

(レポート作成:宮内渚)