日本版「味覚の一週間」

著名シェフによる「味覚のアトリエ」

2014年10月26日(日) 新宿ショールーム

講師 高良康之氏(銀座レカン)

「味覚のアトリエ」を終えて

講師 授業で伝えたかったことは、食の豊かさでした。食は体を作る元になる大事なものであり、コミュニケーションのツールでもあります。五感を使って味わうことはもちろんですが、みんなで食べることでコミュニケーションも広がります。
また、味覚は正しい食事経験によって磨くことができます。
今日の授業で、食べることの大切さを感じてもらえたらいいなと思いました。
子どもたちは、思っていた以上に自分の意見を持っていたので、これからもそうあってほしいと願っています。



味覚の授業

味覚の授業


調理実習

調理実習


取材後記

先生の質問に積極的に答えていた子が多く、味覚の授業に活気がありました。子どもたちは食に興味があるのだと思いました。五味の問いかけにも様々な答えが出てきていて、みんながそれぞれ自分の意見を持っていてすごいなと思いました。また、参加者のみなさんが調理の過程を楽しみ、自分たちで作ったパスタをおいしそうに食べており、親子のコミュニケーションをはかるいい機会になっていたように思いました。
先生からも、とてもためになるお話が聞けたので私自身も勉強になりました。今回学んだことを、今後も生かしていきたいと思います。

(レポート作成:岡田美紗樹)