日本版「味覚の一週間」

著名シェフによる「味覚のアトリエ」

2014年10月26日(日) 横浜ショールーム

講師 神保佳永氏(ハタケアオヤマ)

「味覚のアトリエ」を終えて

講師 今日の授業で、子どもたちがみんな食べることに興味があると感じました。また、答えが1つではなく2つ3つとあるということ、いろんな食べ物が手に入る世の中で、今の子どもたちは味覚が鋭いということに気づかされました。
みんなに食べることをもっと楽しんでほしい、楽しんで作ってほしい。そうすることで、今まで食べていたものが、よりおいしく感じてもらえるのではないかと思います。



味覚の授業

味覚の授業


調理実習

調理実習


取材後記

取材を進めるなかで、五感、味覚を再確認するということの重要性を改めて感じました。
子どもたちが興味津々な様子でシェフのお話を聞いている姿がとても印象的でした。また、神保シェフも常に笑顔で、とても明るい雰囲気に包まれた楽しい授業でした。私自身もとてもいい勉強、経験になりました。ありがとうございました。

(レポート作成:畑村幸奈)