日本版「味覚の一週間」

著名シェフによる「味覚のアトリエ」

2015年10月24日(土) キッチンランド世田谷

講師 村田明彦氏(鈴なり)

「味覚のアトリエ」を終えて

講師 「お子さんの反応を見て、楽しむことはもちろん、自分も勉強することができました。 今は化学調味料が親しまれる時代で、和食離れもありますが、1日に1回は白いご飯を食べてほしいですね。今回、出汁の味を知ってもらえたと思うので、和食を作ってみようと思ってもらえたらうれしいです。和食って実は簡単で、保存もきくんですよ。家でみんなでご飯を作って食べる、そんな時間が増えるといいですよね」



味覚セミナー

味覚セミナー


調理実習

調理実習


取材後記

最初は少し緊張の見える子どもたちでしたが、気さくな先生の対応を受け、すぐに場は和やかなものとなりました。
「五感の一つひとつが食と深くかかわっている。」それは子どもちにとって、とても印象深かったようで、授業・調理の際には、積極的に五感を使って取り組んでいました。 食に対する先生の想いや貴重なお話、子どもたちの感性豊かな考え方や、スタッフの方々の真摯な対応を間近で見学させていただき、とても実りのある経験になりました。この経験を生かし、今後も食への意識をより一層高めていきたいです。

(レポート作成:三村早織)