日本版「味覚の一週間」

著名シェフによる「味覚のアトリエ」

2015年10月25日(日) キッチンランド江東

講師 有馬邦明氏(パッソアパッソ)

「味覚のアトリエ」を終えて

講師 「食べるということは楽しいということを学んでほしいと思いました。“食べる”ことは生きるために必要なことですが、楽しみの一つでもあると考えるとよいと思います」



味覚セミナー味覚セミナー

 


調理実習

調理実習


取材後記

料理は、作りながらコツをつかんでいくもので、五感で感じながら足りないものがあった場合は「何で補うか」を考えることが大切であることがわかりました。
鶏肉は炊くことでうま味が凝縮したスープができるなど、食材はそのもの自体が調味料となるので化学的なものを使いすぎないように心がけるほうが良いと思いましたが、バランスを求めすぎず、楽しく調理をすることが大事であると思いました。また、作ることによって「食」のありがたみを理解することができると思いました。

(レポート作成:長澤琴海)