日本版「味覚の一週間」

著名シェフによる「味覚のアトリエ」

2015年10月25日(日) キッチンランド旭

講師 難波秀行氏(ペタル ドゥ サクラ)

「味覚のアトリエ」を終えて

講師 「家庭は、人々が社会で生活してくなかで、いちばん初めのコミュニティです。家族で食卓を囲み、なるべく同じものを食べて、会話を交わしながら味覚を共有することが、お子さんの協調性を育てることにつながると思います。
調理実習のメニューにハーブのチキンソテーを選びました。ハーブを使ったのは、自分の店ではフレッシュなハーブをよく使うため、それを取り入れることで自分らしさを伝えようと思ったのと、フレッシュなハーブに触れ・食べるという体験は、ふだんの生活ではできないことですし、ちぎるなどの作業はお子さんにちょうどよいと思ったからです。また、安価に入手できる鶏肉でも調理の仕方で美味しく仕上がるというコツは、保護者の方々にニーズがあるのではないかと考えました」



味覚セミナー

味覚セミナー


調理実習

調理実習


取材後記

「市販品や既製品を買えばよいという考え方を変えたい」というシェフの言葉が印象的でした。さらに、シェフは「今回のような教室を通して、いつも買っているものがこんなに簡単に美味しくできるのだと実感していただき、家庭での調理に親しんでもらえれば・・・」と言葉を続けられました。
「食べることは作ることから始まっている」そんな言葉からスタートした今回の教室では、参加された保護者の方や子どもたちにも、それらの大切さはきっと刻み込まれ、今後の食生活に大きな影響を与えることと思いました。

(レポート作成:伊藤愛子)