日本版「味覚の一週間」

著名シェフによる「味覚のアトリエ」

2015年10月25日(日) キッチンランド川崎

講師 神保佳永氏(ハタケアオヤマ)

「味覚のアトリエ」を終えて

講師 「料理をするには火、包丁などの道具がないとできません。調理器具を大切に使用して一生懸命料理を作ることによって料理はおいしくできます。親子で料理をすることでコミュニケーションを作るきっかけにもなります。
大人は自分自身の好き嫌いがはっきりとわかっていて好きなものを自ら選んで食べていますが、子どもは与えられたものを食べます。大人は子どもに様々な味の食材を提供してほしいですね。それによって子どもの五味の育成が行われます」



味覚セミナー

味覚セミナー


調理実習

調理実習


取材後記

先生は、料理によって子どもたちの食の世界を広げることができるのではないかと思い、現在3校の小学校で特別講師として食育の授業を実施されています。「食べることの楽しさや調理の楽しさが食育の着地点だと思っています。人それぞれで好みがあるので、食育には答えがありません」「味覚の表現の仕方は人それぞれですので、自由に食を楽しんでほしいです」とおっしゃっていました。

(レポート作成:髙橋怜奈)