日本版「味覚の一週間」

著名シェフによる「味覚のアトリエ」

2015年10月25日(日) キッチンランド千葉

講師 野永喜三夫氏(日本橋ゆかり)

「味覚のアトリエ」を終えて

講師 「日本人であるからには、日本料理の基本やおふくろの味をお母さんに知ってほしいと思いました。昆布を味わった後にかつお節を食べると味の感じ方が変わったという体験や、かつお解体くんや、かつお節削り器の体験を通して、“やってみたい”“食べてみたい”といった好奇心をもってくれたらいいですね。今日のことを記憶に残して、お子さんたちには、お母さんは私のために食事を作ってくれているんだと感じながら食事をしてほしいと思います。親のありがたみを知ってほしいですね」



味覚セミナー

味覚セミナー


調理実習

調理実習


取材後記

味噌汁を、出汁ありと出汁なしで「どっちが美味しいと感じるか」を比べた実験では、出汁には“美味しい”と感じさせる非常に重要な要素をもっていることを体験を通して実感させたり、かつお節はかつおのどの部分でできているかをかつお解体くんで観察させたり、かつお節削りを体験させたりと、子どもたちの経験を大事に考えていらっしゃることがよくわかりました。

(レポート作成:江原奈美江)