日本版「味覚の一週間」

著名シェフによる「味覚のアトリエ」

2015年10月25日(日) 横浜ショールーム

講師 高良康之氏(銀座レカン)

「味覚のアトリエ」を終えて

講師 「興味を持って食べることは、いつでもどこでもできることです。最近はいろいろな食べ物があり、おいしいものもたくさんあります。レストランで食べる食事、コンビニで買ったご飯、食べものの種類ではなく、一緒に食べた人とのコミュニケーションや食べたものへ興味を持つ、そういうきっかけにしてもらいたいと思います」



味覚セミナー

味覚セミナー


調理実習

調理実習


取材後記

実習中も子どもたち一人ひとりに合わせて声かけをしてくださり、帰りがけには握手をしてくださったシェフ。今日の料理教室を特別な1日にするのではなく、毎日の生活に取り入れるきっかけになれば、というシェフの思いが伝わってきました。教室中は返事がなかったけど帰りには、「晩ご飯に作るよ」といってくれたお子さんもいらして、それぞれの心に確かに伝わったんだなと思いました。

(レポート作成:久野智子)