日本版「味覚の一週間」

エリック・トロション氏による「味覚の授業」®

エリック・トロション氏による「味覚の授業」®フランスの国家最優秀職人章(M.O.F)を受章したトップシェフのエリック・トロション氏が、食や栄養学を学ぶ学生を対象に、最新のテクニックを使ったセンスあふれるフランス料理を教えてくださいました。


調理実習

メニューは「カリフラワーのタブレ」と「ガヴォットショコラ」。カリフラワーのタブレは、カリフラワーのエスプーマに、クスクス状に細かくほぐしたカリフラワーを合わせた一品。ガヴォットショコラは、チュイール、ビスキュイ、ソルベ、ガナッシュと、カカオが様々な姿に変化した、食感が楽しいデザートです。
 
「今は、五感を刺激する料理が求められています。カリフラワーのタブレは単一の食材で作りましたが、様々な色のカリフラワーを使いテクスチャーに変化をつけました。テロワールの要素を出しにくい都会では、おいしさにおもしろさをプラスすることが必要です」と、トロション氏。
参加者はトロション氏から直接指導を受けながら、2品を完成させました。


調理実習