著名人の方からのコメント

炎は、幸せのエネルギーです 多彩なコースが自慢の東京ガスの料理教室。ガス展期間中には、今をときめく若手シェフによる特別プログラムが開催されました。幸せ料理研究家として大人気の料理研究家・相田幸二さんは、3ヵ所のキッチンランドで講師を務めてくれました。気さくな人柄に惹かれるコアなファンも多く、どこも大盛況。面白トーク&あたたかで家庭的なメニューが、まさに幸せを呼んでくれました。教室終了後、相田さんに特別インタビューしました。



相田幸二さん 相田幸二さん/こうちゃん 幸せ料理研究家


相田幸二(あいた・こうじ)さん/こうちゃん 幸せ料理研究家
山形県出身。16歳からホテルの和食部門で4年間板前修業をする。その後、10年間、一般企業のサラリーマン生活を経て、自分の店を持つという夢を叶えるべく退社。2005年5月より立ち上げた、日々の料理を綴ったブログ「こうちゃんの簡単レシピ」が女性を中心に大人気に。2006年4月にレシピ本「こうちゃんの簡単料理レシピ」を発売。異例の累計100万部を突破。幸せ料理研究家として雑誌、イベントなど多方面に活躍の幅を広げている。



僕のブログは、いわば「料理への窓口」。楽しい料理の世界をみつけてほしい

Q.1:

料理教室はいかがでした?

相田:

このような料理教室は初めてですから、正直、上手くいくか心配でした。人に教えるなんて「100年早いっ!」と思っているので。でも1回目が終わって、お客さんの笑顔を見たらすごく嬉しくなって、2回目は、やるのが楽しみになったぐらいです。で、つくづく教えるのって難しいなあと思いましたね。たとえば、自分が簡単にやっていたことが受講生の方には分りにくかったりします。この経験は、今後のレシピに生かせますね。

photo
Q.2:

ブログ人気で生活が一変したのでは?

相田:

ブログの人気が出て、本が出て、急に生活が変わって、そりゃあびっくりしました。今でも実感ないですよ。テレビやメディアなどいろいろな仕事をいただいているけど、この先、ずっと続くとは思っていません。生活は変わっても、今やるべきことを一生懸命がんばるというスタンスはそのままです。板前の修業時代と基本は変わらないですね。それに、僕はまだまだ修行中の身だし修行が終わることはないですから。


次のページへ