著名人の方からのコメント

炎はいつも私たちのそばにいてくれます 進化した最新式のガスコンロ「ピピッとコンロ」を使って行われる、東京ガスの料理教室。ご家庭ですぐに作ることができるレシピを一流のシェフに直接習うことができると、毎回ご好評をいただいております。今回は、中目黒にある野菜を使ったスイーツ専門店「パティスリー ポタジエ」のオーナーパティシエとして、メディアでも大人気の柿沢安耶さんに野菜を使ったロールケーキとブラマンジェを教えていただき、参加の皆さんには彩り美しく体に優しいスイーツをご堪能いただきました。教室終了後、柿沢さんに特別インタビューしました。



柿沢安耶さん 柿沢安耶さん パティシエ

柿沢 安耶(かきざわ あや) 「パティスリー ポタジエ」オーナーパティシエ
マクロビオティック、自然食への知識を深め、03年宇都宮市で「オーガニックベジカフェ・イヌイ」オープン。野菜スイーツが話題となり、06年中目黒に野菜スイーツ専門店「パティスリー・ポタジエ」オープン。雑誌・TVなどのメディアでも活躍中。



フランスの「食を楽しむ」という考え方が大好き。食を楽しみ、体の中から元気に健康になっていきたいですね。

Q.1:

食に興味をもたれたきっかけは?

柿沢:

もともと、フランスという国が好きで、大学時代はフランス文学を専攻していました。学生時代には短期間ですが、もともと料理好きだったこともありフランスに料理の勉強のために留学していたことも。その時に感じたことは、フランス人の方の「食を楽しむ」というスタイルでした。料理をして食べるだけではなくて、時間をかけて大切な人と会話をしながら過ごす大事な時間。そんな風に考えることって素敵だなって思いました。もともと食べることは好きでしたが、より好きになりましたね。

photo
Q.2:

食を楽しむって意外と、難しいことかもしれませんね?

柿沢:

食べることだけでなく、作ることも食の楽しみ方の大事なポイントですよね。マクロビやベジタリアン生活をしていたときでも、料理はとても楽しかったです。マクロビなどを徹底することで体が楽になるのを実感していましたが、食べることを楽しめなくなっている自分がいたもの事実です。外食も難しくなってしまうし、ときには卵や乳製品も食べたい・・・。体のためにしていることですが、食という毎日のことを楽しめないのでは心のためにならないのではないのかな、と。そこで、私は、基本は野菜中心の生活ですが、ときには魚も乳製品も食べて、“楽しむ”ことを優先させています。

Q.3:

そんな生活スタイルから、野菜スイーツがうまれたのですね?

柿沢:

そうですね。以前、宇都宮で地元の野菜をたっぷり使った料理を出すレストランを運営していたんです。火を入れることで素材の旨みが引き立つ野菜料理ももちろんだったのですが、お客さまに喜んでいただいていたのが野菜スイーツ。やはり野菜のスイーツというと、女性の方もヘルシーに楽しんでいただけるし、食べても胃もたれをしたりせず体にすっきりと収まるのが好評の理由だったようです。そこで、より多くの方に野菜スイーツを食べていただきたい、と東京で専門店を開くことにしたんです。

photo

次のページへ