著名人の方からのコメント

Vol.12 炎は、目で見て、手で感じ、五感で操ることができます
ワインを広め、とにかく楽しんでもらいたい。心に残るワインと料理のマリアージュの提供を目指しています(学)

Q.3:

そんなお二人のお料理教室、掛け合いがとても楽しかったですね!今日のお料理のコツと、ピピッとコンロのご感想を教えてください。

ユウゾウ:

予熱のいらないピピッとコンロを使うと、今日の秋刀魚のようにあっという間に焼き上がります。肉や魚を焼くのに予熱がいらないのは、忙しい日常では便利ですよね。また、魚を焼くときは強火がいいですね。特にこのグリルを使うと、上下から熱が加わり早く焼き上がるので、皮のパリパリとした食感と芳ばしい香りが楽しめ、中はジューシーさが失われず、旨味が逃げません。家庭では中まで火を通そうと長時間焼きすぎて、旨みも逃げてパサパサになりがちですが、その点、短時間でいつも以上に美味しく仕上げられるので、とても重宝します。

photo
学:

温度を設定するとセンサーが油の温度を管理してくれるのが嬉しいですね。音声で知らせてくれるので、つい話に夢中になっても安心です!炎が目で見えるっていうのは、なんだか安心できますしね。ほとんどのレストランではガスを使用していると思いますが、目に見えて熱を感じられる炎というのは、感性の生きる料理には欠かせないと思います。

Q.4:

最後に、将来「TWINS-K」をどんなお店にしていきたいですか?

学:

僕は接客が好きなので、とにかくお客さまに楽しんでもらいたいです。一人一人異なる感覚的なものを感じ取って、その方にハマるような引き出しをたくさん作り、サービスしたいと思います。記憶に残り心に沁みる、さりげない美味しい料理を提供したいですね。究極の目標は「冷蔵庫の要らないレストラン」。全てその日に仕入れ、その日のうちに提供できるレストランです。あくまでも理想ですけど(笑)。

ユウゾウ:

絶対に自分の信念がぶれない、美味しいものを提供するお店にしたいです。料理人としての幅を広げたら、お客様は自然について来てくださると思っています。もちろん経験年数も必要ですが、自分自身が成長するために、流通などレストランの中だけでなくいろんな分野も勉強しています。さまざまな角度から見ることができる料理人を目指していますね。その情熱と気持ちがあれば、星付きのレストランにも負けないと思っています。お客さまに喜んでもらいたいという心は僕たちも同じですから。

photo

前のページへ