著名人の方からのコメント

Vol.14 炎のパワーは、お菓子作りには欠かせません!
ガス高速オーブンは、歴代使用したオーブンの中でも一番好きです!とにかくパワーがあって、使いやすいです。
Q.4:

イベントなどのプロデュースもなさるそうですが、今までで印象に残ったイベントは?

いがらし:

そうですね、今日の教室で作った「コンフィチュール」のイベントでしょうか。独立してから半年間、海辺のスタジオを借りて「週末のブランチ」という月2回のイベントをやっていました。そこでパンを自由に食べてもらいながら、そのパンに合わせてコンフィチュールを出していたのです。それを見て声をかけてくださったのが自由が丘の雑貨店「私の部屋」の方で、コンフィチュールを出してみませんか?と。このイベントでの売れ行きが異常に良かったんです!他にチョコレートのイベントなども手掛けたのですが、時代の流れに乗ったのでしょうか、なぜかコンフィチュールが想像以上の人気でした。

Q.5:

今日もフルーツのいい香りが教室中に漂っていましたね!コンフィチュールってどんなものですか?

いがらし:

いわゆるジャムのことです。手作りのジャムって美味しいと思いませんか?最初は、市販のジャムと同じものだとは思えなかったくらいです。それならば旬の天然素材を使って自分で簡単においしく作れる方法を考えようと、切り方、作り方など自分で繰り返し繰り返し改善してきました。簡単で面倒でなく、シンプルな材料で作れて保存性に優れているなど、昔からの保存方法ですが現代のライフスタイルにもぴったりですよね。短時間で一気に煮詰めて作るので、今回教室で使用した、炎のパワーが強いピピッとコンロがすごく使いやすかったです。あと、とても気に入っているのがガス高速オーブン。お菓子作りには欠かせませんね。

photo
Q.6:

炎やガスオーブンは、どんなところでお菓子作りに役立っているのですか?

いがらし:

ジャムの場合、一気に強火で煮詰めるので立ち上がりの火の強さが重要です。また、焦げ付かないよう目で見て火加減を調節できるのがいいですね。それぞれのお菓子によって微妙で繊細な火加減が必要なのです。最終的には自分の目が頼りですが、慣れないうちはタイマー機能で時間を見ながら調節できるのも嬉しい。そして、私のお気に入りは「ガス高速オーブン」。歴代使用したオーブンの中で一番焼き色がきれいにつきます。立ち上がりが早いので、庫内の温度も早く均一になるんですね。ファンが付いていて熱風がムラなくまわるので、今回のケーキのように焼いている途中で一度開けて切れ目を入れた後、一旦下がった庫内温度も即座に元に戻ります。結果、最初の立ち上がりで一気に膨らんだケーキも、熱が下がらずふんわりと焼き上がるのです。このパワーがある炎や、早く火が回るガスオーブンは、菓子作りになくてはならないものだし、使いやすくて大好きです。

Q.7:

最後に。10年計画を書きだすことが趣味とのことですが、今現在の将来像をお聞かせください。

いがらし:

10年計画と言うほどではないのですが…(笑)。いつも、10年後はこんな家に住んでいたいなとか、仕事はこうなっていたいなとか考えています。お店づくりが楽しいので、ずっとかかわっていたい。でも、スタッフ一人一人を見ていくのは私一人ではそろそろ限界なので、これからはプロデュースにも力を入れていきたいですね。お店づくりはもちろん、お菓子やイベント、本など毎年テーマを決めて前に進んでいきたいと思っています。今年のテーマの一つは…学芸大学のお店でパウンドケーキやクッキーを扱っているので、サブレ、クッキー類について研究したいですね!

photo

前のページへ