著名人の方からのコメント

Vol.24 炎は、僕の想いです。
火の力で人が喜ぶ。炎、頑張れよ(笑)!

Q.6:

今回のイベントでも、オムレツとグラタンを作っていただきましたね。

茂出木:

photo自宅でも簡単にできる定番の料理なんですよ。上手に作るコツといえば、火加減を鍋の高さで調節するくらい。ライスや炒め物の場合、フライパンの方を振ると上手く出来るんです。火加減が強くてもフライパンを振りながら強火を使うことで、食材がこげず、パラパラになります。そうすることで食感も変わってくるので、怖がらずにトライしてみてもらいたいですね。

Q.7:

ピピッとコンロもうまく使いこなしていらっしゃいましたね。お使いになっていかがでしたか。

茂出木:

photoゴトクが外せて掃除がすごく簡単で使いやすいですね!にもかかわらず安定感があって、しかもゴトクが動かないので、フライパンがとっても振りやすいんですよ。炎の上でフライパンを動かして、集中して加熱したり離してみたり。フライパンのいろんなところに火を当てることで、食材にまんべんなく上手に火が伝わります。これは目に見える炎でないとできないことですね。熱の伝わり加減が火によって変化するんです。自分でやりたいことが、直接炎を感じることで実現する。僕のハートが火に移り、そのファイヤーが食を美味しいものに変えてくれるとでも言いましょうか(笑)。人類が火を発見してから、その情熱が目で見えるようになったんです。眼で見えないものは信じにくいですから。店の歴史も80年。火があってこその歴史です。

Q.8:

その歴史を、今後どのように積み重ねていきたいですか。今後の夢は?

茂出木:

photo店もあと20年で100周年を迎えるので、それまでは本店は現状のままキープし続けたいと思います。直営2店+フランチャイズ3店ありますが、50歳までは広げるかな(笑)。どんな遠くからでも食べにきてくれるようなお店にしたいと思います。下を育てるのも僕の仕事ですね。人に見られることで、手本にもなれるよう、お洒落にもこだわっています。こんな風になりたいとモチベーションを上げることで、意欲もわいてきますから。あと、20席くらいで個室が一室ある程度の小さなお店をやりたいです。沖縄にも出したいし、オーベルジュもやってみたい。最近よくある、自由にメニューを考えて出せる、シェフおまかせコースとか作りたいな(笑)。メニューのない店っていうのもいいね(笑)!


前のページへ